【実施報告】神戸甲北高校企画

2023年12月15日(金)兵庫県立神戸甲北高等学校にてカタリ場を実施しました。


▪企画の狙い



事前アンケートの結果から、兵庫県立神戸甲北高校の生徒達には

「自己肯定感が低い可能性がある」

「主体性がない可能性がある」

「視野が狭く、具体的な目標を持てていない可能性がある」

という課題があると推測しました。


そこで私たちは「高校生活の目標を持つことで主体的に行動できるようになってほしい」


そんな想いを込めて、神戸甲北高校1年生にカタリ場の授業を届けに行きました。


▪当日の様子



「先輩の話」

6人のスタッフが紙芝居形式で中高生時代の悩みや失敗、その経験から気づいたことについて話しました。

生徒達は集中して話を聞いていました。先輩の、自分を変えようとしてチャレンジした経験から、チャレンジすることの大切さを知り、これからの高校生活の過ごし方についてのイメージを持つことができたと思います。


「座談会」

生徒がスタッフと一緒に、過去・現在の自分について考えることで、自分の伸ばしたい所・直したい所を見つけ、自分の価値観について考える時間になりました。始めは、自分について深く考えられていない生徒が多くいましたが、スタッフと一緒に考えることで生徒は自己理解を深め、自分について知るきっかけとなったと思います。


「まとめのワーク」

これまでの対話を踏まえ、理想の自分と高校生活の目標を具体的に書き出しました。

また、立てた目標から理想の自分になるために足りないものを探しました。理想の自分になるためにやるべきことを考え、行動を起こそうと思うきっかけとなれば嬉しいです。


今回のカタリ場の授業が神戸甲北高校の生徒の皆さんにとって、

自分と向き合うことで目標を見つけ、目標に向けて一歩踏み出そうと思えるきっかけの場となれば嬉しいです。



プロジェクトマネージャー あくあ

コアスタッフ はやて ゆづき



関西カタリ場では、共に中高生と対話し、心に火を灯す大学生スタッフを募集中です!

興味がある方は、説明会にご参加ください!お待ちしております!


kk_setumeikai2