カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

【実施報告】神戸市立神港橘高校企画

2020年7月27・28日(月・火)に神戸市立神港橘高校にてカタリ場を実施しました。

▪企画のねらい


自分に自信が持てず、自分について考えるのが苦手な生徒に、
自分の価値観から自分の将来を考えることで自分から未来に向かって行動してほしい。
そんな思いを込めて神港橘高校にカタリ場の授業を届けにいきました。

▪当日の様子


感染症対策のため、約315名の生徒を前半クラスと後半クラスの半分に分け、2日間かけて授業を行いました。
また、大学生スタッフは2週間前から体調確認を行い、当日はフェイスシールド、マスクを着用して実施しています。会場についても、定員の50%となるよう、1クラスにつき二つの教室を使用し、十分に間隔を保って授業に臨みました。


授業が始まり、生徒は大学生と趣味や学校生活について楽しそうに話していました。
班の先輩と打ち解け、楽しい雰囲気で授業がスタートしました。


「ワークシート記入」では、ワークシートを書き進めていくことで、これまでの自分の経験や、自分が考えていることを振り返ることによって、自分が持つ価値観について見つめ直すきっかけとすることができました。


「先輩の話」では、2人の大学生が自らの経験について紙芝居形式で話したものを事前に動画に収め、教室にて上映しました。
それぞれの先輩が自分の過去の経験や今どんなふうに思っているか話すことで、高校生が自分から動くことの大切さ、目的意識を持つことの大切さに気づくきっかけになったのではないかと思います。


座談会のはじめには、少し授業に疲れている生徒も見られましたが、
最後には自分が何気なく行っている行動に対しての理由を考えたり、自分の将来像について想像することができていました。
大学生との対話を通して、自分と真剣に向き合っている姿が印象的でした。


「個人ワーク」では、将来から卒業後へと視点を移し、より具体的に自分の将来について考え、さらになりたい自分になるために明日から出来ることは何かをワークシートを書きながら考えました。


最後の「まとめの時間」では、先輩と一緒にこれからの自分や、明日からできることをもう一度考え直すことで、将来に対する視野を広げることができました。


今回のカタリ場の授業を通して、自分について考えることや、自分で自分の将来を描いていくことの大切さに気づくきっかけを提供できたと思います。
今回のカタリバの授業が神港橘高校の生徒の皆さんが自分の意思で自分の将来を切り開いていく第一歩となれば嬉しく思います。

プロジェクトマネージャー なっつん
コアスタッフ いおり、コウヘイ

【関西カタリバオンラインキャスト大学開講!】

関西カタリバキャストの皆さん!

 

いつも関西カタリバの活動にご協力いただきありがとうございます。

 

さて、まず最初に皆様に悲しいお知らせです。
新型コロナウイルス感染拡大を受け、2020年度春のカタリ場企画については、延期を検討しています。

 

3月から、現場の中止や延期が続いており、
僕たち事務局も、やりきれない気持ちでいっぱいです。

 

半年以上も現場がないなんて、、高校生に会えないなんて、、キャストのみんなと語ることができないなんて、、

 

 

そんなこと、耐えられない。

 

それでも、僕たちは、カタリ場がいつ再開しても、高校生により良い授業を届けるために、
皆さんと一緒に、この休校期間、自粛期間を乗り越えたいと考えています!!

 

さあ、ここから重大発表です!!よ!

 

 

 

関西カタリバオンラインキャスト大学」を開講します!!!!

キャストの皆さんと、「カタリ場」について考える機会を、

自分達がキャストとして、更にスキルアップする機会を、

 

何より、どこにも行けなくて、誰とも会えない、そんな退屈な毎日を、

 

自分達で面白くするために!!!

 

普段、聞けない、事業部員のキャストの極意!や、サンプリングの裏側、作成の想いなんかも、
聞けちゃう、話せちゃう、そんなわくわくする企画をたくさん考えています!

 

みなさん、まずは、登録してください!
僕たちと一緒に、「カタリ場」について、「キャスト」について、
改めて、1から、考え直してみませんか?

 

登録はこちら

 

もちろん、高校現場にまだ参加したことがない人、経験が浅い人も大歓迎です!!
カタリ場で僕たち自身が発見し、学ぶことは、就活や、今後の人生において必ず役に立つはず!

 

みなさんにとって、意義のある時間になるように、事業部一同全力で準備を進めています!
是非、こちらから登録してください!!

 

登録はこちら

 

説明会の参加がまだの人は、
こちらからご参加ください!

 

説明会はこちら

 

 

 

学校連携事業部広報担当 今橋竣(おしゅん)

4/18(土) 神戸龍谷高等学校文理SGコース企画のお知らせ

2020年4月18日(土)に神戸龍谷高校にてカタリバを実施します!

 

【ボランティアスタッフの役割】

・キャスト(40~50名程度)
高校生 7~8 名に対し、キャスト 1 名でグループを組み、高校生自身の将来の夢ややりたいこと、興味がある分野などについて約 2 時間語り合います。
高校生にとっては今の自分を振り返る機会となり、 自分の将来と向き合う時間になります。
「将来何がやりたんだろう?」「今何をしたらいいのか分からない」そんな高校生の背中を押し、将来に対して一歩踏み出すことをサポートする役割です。

・先輩の話(8名程度)
ボランティアスタッフ自身の高校時代の体験や、大学等で打ち込んでいること、大切だと思う価値観などを、約 15 分の紙芝居形式で高校生に語りかけます。
等身大の体験を語ることで共感が生まれ、高校生にとって身近なサンプルとなります。
高校生の視野を広げ、自分自身について考えるきっかけを作ること。あなたの体験が高校生にとって将来に目を向ける機会になります。



【学生リーダーより】

みなさん!
はじめまして。

4月18日(土)に神戸龍谷高等学校文理SGコース企画で学生リーダーをします、「みなみ」です!
副学生リーダーは「どっぴー」と「くるみ」です。

 

私が初めてカタリバに参加を決めた時、
「人に心を開きたくない」「自分と向き合うのが怖い」
と考えている私が、スタッフとして高校生の背中を押すことができるのかとても不安でした。
しかし、実際に参加してみると、高校生が求めているスタッフは
『完璧なアドバイザー』ではなく、同じような価値観・悩みがあっても一歩一歩進んでいる『少しだけ先を歩いている人』だと感じました。
また、高校生が誰かに目標を話す機会、誰かに共感してもらえる機会の大切さを知りました。

 

私は昔から「変わってる」「ずれてる」と言われることが多く、価値観や悩みを周囲に話すことを避けていました。
そんな時、あるキャンプに参加して、初対面で今後会う機会もないという相手になら「嫌われてもいいや」という気持ちで自分を打ち明けることができました。

 

カタリバにも似たような空気があると思います。

 

自分と向き合う時間。将来について考える時間。
真剣に話してくれる高校生たちから感じるパワーや、打ち明けてくれた悩みを聞いていると、私自身の悩みと重なり共感から得られる安心感があったり、高校生の話から新しく得られる価値観があったり。

 

大学生にとっても高校生にとっても多くのことを学ぶことができる機会だと思いました。

今回の企画では神戸龍谷高校の2年生にカタリ場をします。

 

高校卒業後の期待度は高く、進路について考えようという意識がある人。そもそも高校生活の満足度が低い人や、進路について考える時に後ろ向きの気持ちになる人。
大学に行きたいという意識はあるが、どのように大学選びをすればいいかの明確な道が分からず悩んでいるという人など、たくさんの生徒さんがいます。

 

実際に大学生と出会うことで、前向きに進路に対して向き合ってもらいたい!

 

また、カタリ場を通して自分のしたいことを見つけて、進路選択の選択肢を増やしてもらいたい!と考えています。

 

会話では聞き手に回ることが多い、やってみたいなと思っていてもなかなか一歩が踏み出せない、大学へのモチベーションが落ちている、そんな大学生に参加してもらいたいです!

 

 

高校生と向き合い、目標に向かう高校生とパワーを共有する、新しい挑戦への第一歩として企画に参加してみませんか。
皆さんの第一歩を後押しできる企画になるよう全力で頑張ります!

一緒に最高に楽しい企画を創りましょう!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興味のある方は是非一度説明会に参加してみてください!

・説明会について
日程:月4回程度(詳しい日程は、申し込みフォームでご確認ください)
時間:約2時間
内容:「カタリ場」を体験するワークショップなどを行います。
場所:NPO法人ブレーンヒューマニティー事務所(阪急西宮北口駅徒歩3分)
以下、説明会の参加申し込みフォームです。
お申込みお待ちしています!

kk_setumeikai2

疑問や質問のある方は、こちらまで、連絡ください↓
katariba@brainhumanity.or.jp


2020年度春企画のお知らせ

こんにちは!関西カタリバ事務局です!
2020年度の春の企画・イベント情報になります!

 

1.今後実施予定の学校企画


○ 4/17(金) 神戸龍谷(龍谷総合コース2年生)高校企画

・集合予定 9:00  解散予定 14:00

 

○ 4/18(土) 神戸龍谷(文理S・グローバル文理コース1年生)高校企画

・集合予定 7:00  解散予定 12:00

 

○ 4/18(土) 神戸龍谷(文理S・グローバル文理コース2年生)高校企画

・集合予定 9:00  解散予定 14:00

 

4/22(水) 神戸龍谷(龍谷総合コース1年生)高校企画

・集合予定 7:00  解散予定 12:00

 

○ 5/13(水) 兵庫県立長田商業高校企画

・集合予定 16:00  解散予定 21:30

 

○ 5/26(火) 神戸市立神港橘高校企画

・集合予定 12:00  解散予定 18:00

 

○ 6/1(月) 兵庫県立三木東高校企画

・集合予定 11:30  解散予定 17:00

 

○ 6/17(水) 神戸市立須磨翔風高校企画

・集合予定 11:00  解散予定 17:00

 

 

 

>>カタリバ参加までの流れ

 

 

 

2.関西カタリバの説明会実施日程


○3月・4月の説明会実施日程

 

 

kk_setumeikai2

 

3/17(火) 兵庫県立東灘高校企画のお知らせ

2020年3月17日(火)に兵庫県立東灘高校にてカタリバを実施します!

【ボランティアスタッフの役割】

・キャスト(40~50名程度)
高校生 7~8 名に対し、キャスト 1 名でグループを組み、高校生自身の将来の夢ややりたいこと、興味がある分野などについて約 2 時間語り合います。
高校生にとっては今の自分を振り返る機会となり、 自分の将来と向き合う時間になります。
「将来何がやりたんだろう?」「今何をしたらいいのか分からない」そんな高校生の背中を押し、将来に対して一歩踏み出すことをサポートする役割です。

・先輩の話(8名程度)
ボランティアスタッフ自身の高校時代の体験や、大学等で打ち込んでいること、大切だと思う価値観などを、約 15 分の紙芝居形式で高校生に語りかけます。
等身大の体験を語ることで共感が生まれ、高校生にとって身近なサンプルとなります。
高校生の視野を広げ、自分自身について考えるきっかけを作ること。あなたの体験が高校生にとって将来に目を向ける機会になります。



【学生リーダーより】
皆さんはじめまして!
こんにちは!!
3/17(火)に東灘高校企画で学生リーダーをします、『ぺん』です!
副学生リーダーはおてんば系女子『あべち』とお母さん系女子『なる』です!
そんな私はわっしょい系だそうです。笑

私が今回の東灘高校企画の学生リーダーに立候補した理由は、
自分の大切にしている言葉である「とりあえずやってみる!」を高校生に伝えたいと思ったからです。

私は、昔から好奇心が旺盛な方なので、いつも色々やりたいと思うことが出てきます。
中学生までは、やりたいと思うことがあっても、「今やらなくても別にいいか」と思い、
なかなか行動に移すことが出来ていませんでした。

そんな自分のことを見ていた友達がある時「やりたいっていつも口だけやね」と言われました。そのときに初めて、口だけで行動していない自分が嫌になりました。

だから、口だけと言われないように高校生になったら絶対に自分が興味を惹かれたことはやってみようと思いました。そうして、やりたいことを全部やって過ごしていたら、高校生活はすごく楽しくて、充実した毎日を送ることが出来ました。

なので、とりあえずいろいろな事をやってみることが大事だと私は思います。
高校生もカタリバを通して「とりあえずやってみよう!」と行動に移せるようになってほしい。
そんな想いを持って私は今回の東灘高校企画の学生リーダーに立候補しました。

そして、今回の企画のテーマが「みんないち!」です。

あべちとなると3人で話して、高校生のために全員が一つになり、
全員が同じ想いを持って、高校生と向き合おうという想いを込めて決めました!

まずは3人で「さんこいち!」になって企画に取り組もうと思います。
そして、高校生により良いものを届けるためには、僕たち3人だけの力ではむりです!!

みなさん1人1人の力を合わせて、1つの企画が完成します。
ぜひお力を貸してほしいです!
皆さんの参加を心からお待ちしております。

日時:2020年3月17日(火)
集合予定場所:阪神深江駅出口1
集散予定時刻:8:00集合、13:00時解散

参加したい方、興味を持った方、まずは、ぜひ説明会にだけでも来てみてください!!

以下説明会詳細です
・説明会について
日程:月4回程度(詳しい日程は、申し込みフォームでご確認ください)
時間:約2時間
内容:「カタリ場」を体験するワークショップなどを行います。
場所:NPO法人ブレーンヒューマニティー事務所(阪急西宮北口駅徒歩3分)
以下、説明会の参加申し込みフォームです。
お申込みお待ちしています!

kk_setumeikai2

疑問や質問のある方は、こちらまで、連絡ください↓
katariba@brainhumanity.or.jp

「2020年度の関西カタリ場」の受付開始!

「2020年度の関西カタリ場」の受付開始!


 

2020年度のカタリ場の申込受付を開始いたしました!

 

IMG_8937 島本



「カタリ場」とは、対話を通して高校生の意欲を引き出すことを目指す、キャリア学習プログラムです。
これまでに、約70校、延べ60,000人以上の高校生に、自ら考え、主体的に行動していくきっかけを提供してきました。

カタリ場実施・導入までの流れ「こちら」をご覧ください。

 

 

対話を重視したアクティブ・ラーニング形式の授業

 

カタリバとは、大学生スタッフとの対話を通して、生徒一人一人が主体的に今後の高校生活や将来について考えることにより、高校生一人一人の将来への可能性を引き出し、行動へと動機付けることを目的としたプログラムです。

 

>>「カタリバとは?」

 

 

”学校で学んだことが、こどもたちの「生きる力」となって、明日に、そしてその先の人生につながってほしい。
これからの社会が、どんなに変化して予測困難な時代になっても、自ら課題を見付け、自ら学び、自ら考え、判断して行動し、それぞれに思い描く幸せを実現してほしい。

 

そして、明るい未来を、共に創っていきたい。”

 

2020年度から始まる新しい「学習指導要領」に込められたそんな願いを、
関西カタリバは、先生方と共に実現していきたいと考えています。

 

本事業の趣旨をご理解いただき、実施をご検討していただけましたら幸いです。
2020年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

kk

 

 


【実施報告】兵庫県立川西明峰高校企画

2019年12月19日(木)に兵庫県立川西明峰高校にてカタリ場を実施しました。 

■企画のねらい


「どうせ自分なんか無理だ」と自分の可能性を捨ててしまっている高校生に

自分は変われることを知ってほしい。

なりたい自分にワクワクしてほしい。

そんな想いを込めて川西明峰高校にカタリ場の授業を届けに行きました。

■当日の様子


当日は、約280名の高校生に対して44名の大学生が集まり、カタリ場の授業を実施しました。

授業が始まって、生徒はカタリバの授業になかなか興味を示さない様子もありましたが、

大学生と身近な話題を通して、徐々に楽しんでいる様子が見受けられました。

「先輩の話」では、8人の大学生が自らの経験について紙芝居形式で話します。
それぞれの先輩が自ら行動して変われた経験を話すことで、
高校生にとって自分の可能性を認識するきっかけになったと思います。

「座談会」では、なりたい自分を大学生と一緒に考えました。
始めは、自分のことなんかどうでもいいというような様子の生徒でしたが、
大学生との対話を通して、真剣になりたい自分について考えている様子が印象的でした。

最後の「まとめのワーク」では、なりたい自分になるためには明日から何をすればいいかを考えます。
それぞれの生徒が具体的な目標を立てることで、
明日から主体的に行動するきっかけを提供できたのではないかと思います。

今回のカタリ場の授業が高校生にとって、今の自分よりもワクワクする自分への一歩へと繋がれば、嬉しく思います。

プロジェクトマネージャー ほのか

コアスタッフ りつ、あんじ

【実施報告】兵庫県立須磨友ヶ丘高校企画

 

2019年12月18日(水)に兵庫県立須磨友ヶ丘高校にてカタリ場を実施しました。 

■企画のねらい


将来どんな自分になりたいか、

どんなことをしたいか、

理想の将来像がはっきりしていない生徒に、

もっと将来にわくわくしてほしい。

そんな想いを込めて須磨友ヶ丘高校にカタリ場の授業を届けに行きました。

 

■当日の様子


当日は、約240名の高校生に対して36名の大学生が集まり、カタリ場の授業を実施しました。

授業が始まり、大学生ととても楽しそうに最近の話題や学校生活について話していました。
班の先輩と打ち解け、良い雰囲気で授業がスタートしました。

 

「先輩の話」では、8人の大学生が自らの経験について紙芝居形式で話しました。

それぞれの先輩が自分の過去の経験や今どんなふうに思っているか話すことで、高校生に今の自分について見つめなおすきっかけになったと思います。

 

座談会のはじめには、真剣に取り組むことができない班もありましたが、
最後には自分のやりたいことや、なりたい姿を
しっかり見つけることができていました。

大学生との対話を通して、真剣に考えている様子が印象的でした。

 

最後の「まとめの時間」では、これからやってみたいことと自分のなりたい姿を合わせた、理想の将来について深く考えることができました。

今回のカタリ場の授業を通して、明日から理想の将来に向かって行動するきっかけを提供できたと思います。

今回のカタリバの授業が須磨友ヶ丘高校の生徒の皆さんが明日から自分の理想に向かって進む第一歩となれば嬉しく思います。

 

プロジェクトマネージャー たいと

コアスタッフ きゅーちゃん、くぼにぃ

【実施報告】兵庫県立舞子高校企画

 

2019年12月17日(火)に兵庫県立舞子高校にてカタリ場を実施しました。 

■企画のねらい


企画テーマは ダンジョンからの脱出 !
自分たちの可能性を認識し、将来について前向きに考え、行動してほしい!
また、生徒がダンジョンから脱出し、明るい外の世界へ飛び出してほしい!
そんな願いを込めて、私たちは舞子高校に赴きました。

 

■当日の様子


当日は約280名の高校生と約40名の大学生でカタリ場の授業を実施しました。

「先輩の話」では、8人の大学生が自らの経験を紙芝居形式で話します。
それぞれの話を聞くことで、行動することの大切さや自分の可能性について考えるきっかけになったと思います。

「座談会」では、生徒自身がまず自分について知ることで、なりたい自分を想像することや興味関心を広げることができました。
今の自分と向き合うことができていない生徒が多くいたため、少し難航してるようにも感じました。
しかし、スタッフとの対話を通して自分がどういう人なのかを知り、なりたい自分になるために何をすればいいのかを知ることができたと思います。

最後の「まとめのワーク」ではこれからの自分について考え、なりたい自分になるために、明日から何をすればいいかを考えます。
生徒それぞれがなりたい自分のために段階的な目標を立てることによって行動する意欲を高めることができたと思います。

今回のカタリ場の授業が高校生にとってなりたい自分に向かって行動するための一歩に繋がれば嬉しく思います。

 

プロジェクトマネージャー ゆうや
コア わたる、かな

【実施報告】大阪府立福井高校企画

 

2019年11月21日(木)に大阪府立福井高校にてカタリ場を実施しました。
 

■企画のねらい


高校生が少しでも興味を持ったことに対して、
「どうせ自分なんか無理だ」と自分の可能性を捨てず、
 
どんどん挑戦してほしい。
将来に対してワクワクしてほしい。

そんな想いを込めて福井高校にカタリ場の授業を届けに行きました。

 

■当日の様子




「当日は、約202名の高校生に対して36名の大学生が集まり、カタリ場の授業を実施しました。
 
授業が始まっても、なかなかカタリ場の授業に興味を持てていない様子の生徒さんでした。
しかし、大学生と班を組み、身近な話題を通して会話をしていくうちに、徐々に大学生との距離も縮まり、楽しんでいるようでした。
 
「先輩の話」では、6人の大学生が自らの経験について紙芝居形式で話します。
それぞれの先輩が今自ら行動できるようになったきっかけについて話すことで、
高校生にとって自分と向き合うきっかけになったと思います。
 
「座談会」では、高校生の興味のあることから、これから挑戦したいことを大学生と一緒に考えます。
始めは、これからしたいことは特にないと言っていた生徒さんが、
スタッフとの対話を通して、楽しそうに将来のことを話している姿が印象的でした。
 
最後の「まとめのワーク」では、これから挑戦したいことのためには明日から何をすればいいかを考えます。
それぞれの生徒さんが将来のために具体的な目標を立てることで、
明日から主体的に行動するきっかけを提供できたのではないかと思います。
 
今回のカタリ場の授業が高校生にとって、自分の何かを変える一歩へと繋がれば、嬉しくと思います。
 
プロジェクトマネージャー ゆうと
コア おがりょー、みまはる
 
福井 なかみ