カテゴリー別アーカイブ: 実施報告

【実施報告】兵庫県立国際高校企画

2022年12月21日(水)に兵庫県立国際高等学校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前アンケートの結果より、国際高校1年生には、

「自己理解が低い」

「卒業後の進路を考えることができていない」

「失敗を恐れて未来に後ろ向き」

という課題があると推測しました。

そこで私たちは、

「自分の現状や気持ちを自分で理解し、多様な視点でこれからの自分のことを考えられるようになってほしい、また、何事にも前向きに行動するようになって欲しい」

そんな想いをこめて、国際高校1年生にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは4日前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。


「先輩の話」では、5人のスタッフが紙芝居方式で自分自身の経験や、

その経験から今大切にしていることについて話しました。
先輩の話を聞く中で今後の高校卒業や高校卒業後のイメージを具体的に持って欲しいと思いそのきっかけ作りを目標に行いました。

生徒たちは真剣に聞いてくれていました。


「座談会」では、初対面の大学生の先輩だからこそ打ち明けられるよう悩みや不安を一緒に考え、

スタッフとの対話を通して自分自身について考える時間になってほしいと考え、進めていきました。

生徒は悩みや将来やりたいことなど色んなことを打ち明けて話してくれました。


「まとめのワーク」では、これまでの対話を通して

これからの高校生活や卒業後にどんな自分になりたいかをイメージし、

それを実現するために今の自分にどのようなことができるのかをスタッフと一緒に考え、

今後の具体的な目標を約束カードに記入しました。

生徒それぞれが頑張りたいことなどを話して記入してくれました。

明日以降のなりたい自分に向けて一歩を踏み出すきっかけとなっていれば嬉しいです。


今回のカタリ場の授業が、国際高校1年生のみなさんにとって自分と向き合い、

なりたい自分を想像し、

それに向けて積極的に行動し自分の将来に期待するきっかけとなれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー なっちゃん

コアスタッフ あんちゃん かっきー


【実施報告】舞子高校企画

2022年12月20日(火)に兵庫県立舞子高等学校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前アンケートの結果より、舞子高校1年生には、

「狭い視野で物事を捉えている」
「受け身になっている」 
「目標を持てていない」
という課題があると推測しました。
そこで私たちは、
「自分自身を振り返ることで、やりたいことやなりたい自分を見つけるきっかけとし、

それに向けて自ら積極的に行動して欲しい」
そんな想いをこめて、舞子高校1年生にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは4日前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。


「先輩の話」では、7人のスタッフが紙芝居方式で自分自身の経験や、

その経験から今大切にしていることについて話しました。
それぞれの先輩が過去の経験や考えを話すことで、自ら行動を起こすことの大切さに気づき、

生徒の視野を広げるきっかけになったのではないかと思います。


「座談会」では、大学生スタッフとの対話を通して
過去の自分の経験やその時感じたことなどを振り返ることで、生徒は自身の興味関心や特性について考え、

そこからやりたいことやなりたい自分を想像するきっかけになったと思います。


「まとめのワーク」では、これまでの対話を通して
自分がなりたい姿を想像し、それに向けてどのようなことができるのかをスタッフと一緒に考え、

今後の具体的な目標を約束カードに記入しました。
明日以降のなりたい自分に向けて一歩を踏み出すきっかけとなっていれば嬉しいです。


今回のカタリ場の授業が、
舞子高校1年生のみなさんにとって
自分と向き合うことで
やりたいこと、なりたい自分を見つけ、
それに向けて積極的に行動し自分の将来に期待するきっかけとなれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー なっつ

コアスタッフ びーび かのん


【実施報告】須磨友が丘高校企画

2022年12月16日(金)に兵庫県立須磨友が丘高等学校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前アンケートの結果から、須磨友が丘高校生には

「自分の興味・関心を見つけられていない」

「今の自分に満足している」

「将来の期待度が低い」

という課題があると推測しました。

そこで僕たちは

「自分の興味や関心のあることを見つけ、様々なことに積極的に取り組み、自分の可能性を広げようとしてほしい」

そんな想いをこめて、須磨友が丘高校1年生にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは4日前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。


「先輩の話」では、7人のスタッフが紙芝居方式で自分自身の経験や、その経験から今大切にしていることについて話しました。

先輩が不安とともにどのように前に進もうとしているかを伝えることで、今の自分でもできるかもしれないと思うきっかけになったのではないかと思います。


「座談会」では、大学生スタッフとの対話を通して

今までの自分を振り返ることで、自分の興味・関心のあることについて考え、

自分が本当にしたいことを想像するきっかけになったと思います。


「まとめのワーク」では、これまでの対話を通して

改めて自分のありたい姿を考え、今の自分にできることを具体的にし、行動目標を約束カードに記入しました。

明日以降の将来を前向きに考えるきっかけになれば嬉しいです。


今回のカタリ場の授業が、

須磨友が丘高校1年生のみなさんにとって

これまでの自分、これからの自分について考えることを通して

改めて本当に自分のしたいことを考え、それに向けて積極的に行動し、

将来に対して期待できていたら嬉しいです。


プロジェクトマネージャー りょうすけ

コアスタッフ つばさ ひかるん


【実施報告】神港橘高校企画

2022年10月24日(月)に神戸市立神港橘高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前アンケートの結果より、神戸市立神港橘高等学校の生徒の皆さんには

「自分自身と向き合えていない」

「目標が持てていない」 

「積極的に行動しようとしていない」

という課題があるのではないかと推測しました。

そこで私たちは、

「自分の感情に目を向け、これからどんなことをしたいのかを考え、行動する意欲を高めてほしい」

そんな想いを込めて、神戸市立神港橘高等学校カタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは4日前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。


「先輩の話」では、8人のスタッフが紙芝居形式で自分自身の経験について話しました。

それぞれの先輩が、過去の経験や当時の感情、自分から行動を起こすことの大切さを伝えたことで、生徒は自分の感情と向き合い、行動することの重要性を認識するきっかけになったのではないかと思います。


「座談会」では、大学生スタッフとの対話を通して、これまでで感じてきた楽しかったことや悲しかったことなどを振り返りました。

生徒は自分の気持ちに目を向け、これから目指したい自分の状態を考える時間になったと思います。


「まとめのワーク」では、座談会で考えたことを踏まえて、これからしたいことを具体的に挙げ、それを実現するためステップをスタッフと一緒に考えました。

生徒が自分自身で行動するためのきっかけになっていれば嬉しく思います。


今回のカタリ場の授業が、神戸市立神港橘高等学校の生徒の皆さんにとって

自分の気持ちや感情を向き合うことで、

自分のしたいことが見つかり、

これから行動することに対して期待を持てていたら嬉しいです。


プロジェクトマネージャー ひー

コアスタッフ あーちゃん まあこ


【実施報告】箕面東高校2年生企画

2022年10月5日(水)に大阪府立箕面東高等学校にて2年生を対象にカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前アンケートの結果より、箕面東高校2年生には、

「自分の興味関心について考えようとしていない」

「他者と関わろうとする意欲が低い」 

「将来について考えることに後ろ向き」

という課題があると推測しました。

そこで私たちは、

「自分自身と向き合い、自分の価値観や興味関心について考え、先輩との対話を通して、他者と関わることや将来に対して前向きに捉えてほしい」

そんな想いをこめて、箕面東高校2年生にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは4日前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。


「先輩の話」では、5人のスタッフが紙芝居形式で自分自身の経験や、今大切にしていることについて話しました。

先輩の過去の経験や、先輩が生徒に伝えたいメッセージから、箕面東高校2年生のみなさんが「もう少し頑張ってみようかな」と思うきっかけになったのではないかと思います。


「座談会」では、今までの経験や感情を振り返り、共通点を見つけることで、そこから今自分がどんなことに興味や関心を持っているか考える時間になったのではないかと思います。


「まとめのワーク」では、これまでの対話で気づいた自分の興味や関心から、やってみたいことや明日からできることについて考え、約束カードに記入しました。

明日から頑張りたいこと考えることで、明日以降の将来を前向きに捉えるきっかけになっていれば嬉しく思います。


今回のカタリ場の授業が、

箕面東高校2年生のみなさんにとって

今まで気づかなかった自分自身の気持ちに向き合い、

他者と関わることや将来について前向きに考え、

一歩踏み出すきっかけとなれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー つばさ

コアスタッフ うみ わーちゃん


【実施報告】箕面東高校1年生企画

2022年10月7日(金)に大阪府立箕面東高等学校にて1年生を対象にカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前アンケートの結果より、箕面東高校1年生の皆さんは

「自分自身と向き合えていないため、熱中したいことが見つけることができず、

挑戦意欲が下がってしまっている。その結果、未来に対して前向きに捉えられていない」

という課題を抱えているのではないかと推測しました。

そこで私たちは

「自分のこだわりに気づいたり、可能性の広がりを認識したりして、

自分自身に自信をつけて、未来に対して期待をもってほしい」

そんな想いを込めて、箕面東高校1年生にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは4日前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。


「先輩の話」では6人のスタッフが紙芝居形式で自分自身の経験について話をしました。

それぞれの先輩が、過去の経験や当時の感情を踏まえた理想の自分の姿について

伝えたことで、生徒は自分の現状と照らし合わせながら素直に自分の感情と向き合う

きっかけ、生徒が理想の自分を考えるきっかけになったのではないかと思います。

「座談会」では大学生スタッフとの対話を通して

今までの経験とともに当時の感情について振り返ることで、生徒は感情に隠された

こだわりを探し、そのこだわりを強みと捉えられるきっかけになったと思います。


「まとめのワーク」では、座談会で気づいたこだわりや自分の強みを活かして、

これからの自分ができること、挑戦したいことについて考えました。

考えることをきっかけに、これからの自分の可能性を感じ始める時間になったと思います。


今回のカタリ場の授業が箕面東高校1年生にとって

今の自分、これからの自分について考えることを通して、今まで気づいていなかった

自分の姿やこれからの可能性の広がりを感じたことによって、

一人ひとりが自信を持って、未来に対して期待できていたら嬉しいです。


プロジェクトマネージャー わんわん

コアスタッフ ざわちゃん けんた


【実施報告】西宮北高校企画

2022年9月6日(火)に兵庫県立西宮北高等学校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前アンケートの結果より、西宮北高校の生徒の皆さんには

「自分が知っている範囲の中で物事を判断している」

「自分自身への関心が低い」

「行動する前に諦めてしまっている」

という課題を抱えているのではないかと推測しました。

僕たちは

「自分の気持ちに目を向け、固定された考え方にこだわらず、これからの一歩を踏み出してほしい」

そんな想いを込めて、兵庫県立西宮北高等学校にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは4日前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。



「先輩の話」では、6人のスタッフが紙芝居形式で自分自身の経験について話しました。

それぞれの先輩が、過去の経験や当時の感情、結果だけでなく過程も大切だと思えるようになったきっかけ、行動を起こすことの大切さを伝えることで、生徒は自分自身の経験を照らし合わせ、また自分とは異なる考え方があることを認識するきっかけとなったのではないかと思います。


「座談会」では、大学生スタッフとの対話を通して、

今までの経験とともに当時の感情について振り返ることで、物事の過程や自分の気持ちに目を向けるきっかけになったのではないかと思います。


「まとめのワーク」では、

これまでの対話を踏まえて、自分のなりたい姿を想像し、それを実現するためにどんな方法があるのかをスタッフと一緒に考えました。

これからの自分のイメージを膨らませ、自分なりの小さな目標を立てることで、これから行動していくことへの意欲が高まるきっかけになっていれば嬉しく思います。


今回のカタリ場の授業が兵庫県立西宮北高等学校の生徒のみなさんにとって

改めて自分の気持ちと向きあい、固定された考え方にこだわらず、これからの一歩を踏み出せるきっかけとなり、そして、これからの生活に繋がっていってほしいと思っています。


プロジェクトマネージャー ゆうひ

コアスタッフ つばさ みさみさ


【実施報告】スタディーサポートあかし企画

2022年8月25日(木)にスタディーサポートあかしにてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

アンケート結果から、スタディーサポートあかし生には

「自分のやりたいことを選択肢から消している」

「自分が本当にやりたいことを見つけようとしていない」

「自分が動くことで変わることがあると思っていない」

という課題があると推測しました。

そんな生徒たちに「本当にしたいことについて考え、これからを前向きに捉えてほしい」

そんな想いを込めて、スタディーサポートあかし生にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは4日前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。



「先輩の話」では、3人のスタッフが紙芝居形式で自分の力で未来を切り拓いてきた体験を話しました。

それぞれの先輩が、夢中になったことやその時の感情、行動を起こすことの大切さを伝えることで、周りに囚われず、本当にやってみたいと思うことについて探し始めるきっかけになったのではないかと思います。


「座談会」では、大学生スタッフとの対話を通して、

現在の自分の素直な気持ちに目を向け、何をやってみたいか、一歩踏み出せない要因となっている不安は何かを考えるきっかけになったのではないかと思います。


「まとめのワーク」では、

これまでの対話を踏まえて、自分の気持ちや不安とどのように付き合いながらやりたいことに近づくことができるのかをスタッフと一緒に考えました。

自分なりの小さな目標を立てることで、これからの自分を前向きに捉えるきっかけになっていれば嬉しく思います。


今回のカタリ場の授業が

スタディーサポートあかし生のみなさんにとって

今まで目を向けてこなかった気持ちに向き合い、

これからについて前向きに考え、自分の可能性を信じるきっかけになっていれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー さき

コアスタッフ あかな こめ


【実施報告】葺合高校企画

2022年7月13日(水)に葺合高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前アンケートの結果から、葺合生には

「意欲的に行動できていない」

「勉強面のみから自分を評価してしている」

「これからの自分、理想の自分を想像できていない」

という課題があると推測しました。

そんな生徒たちに「自分について改めて見つめ直すことで、広い視野で自分を捉え、未来の自分について前向きに考えることができるようになってほしい」

そんな思いを込めて、 神戸市立葺合高等学校にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは1週間前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。



「先輩の話」では、8人のスタッフが紙芝居形式で過去の自分の経験や、その経験から今大切にしていることを話しました。

自分のことを話している先輩の姿を見て、「もう少し班の先輩に自分のことを話してみようかな」と思ってもらえたのではないかと思います。


「座談会」ではスタッフとの対話を通して自分を見つめなおし、今の自分がどんな人であるのかを振り返りました。

それぞれの質問項目に対してキャストと生徒と一緒に考えてみることで、「自分ってこんなことを大切にしていたんだ」と今まで知らなかった気持ちや価値観に気づくきっかけになったのではないかと思います。


「まとめのワーク」では、座談会で振り返った“今自分が大切にしていること ”を考えたうえで、これからの自分についてや、理想の自分について考えました。

生徒1人1人が理想の自分を思い描き、これからの高校生活や将来を前向きに考える時間になったと思います。


今回のカタリ場の授業が

葺合高校の生徒のみなさんにとって

明日からの自分をどう生きていくかを考え、これまで気づかなかった気持ちや考え方を知ってほしいです。

今まで気づかなかった自分の気持ちや価値観に出会い、

これからの自分を前向きに捉え、自分の意志で行動するきっかけになっていれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー ゆう

コアスタッフ おーき さやちー


【実施報告】須磨東高校企画

2022年6月30日(木)に須磨東高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前アンケートの結果から、須磨東生には

「気の合う人中心にしか交流できていない」

「今に満足してこのままでいいやとなっている」

「これからの自分、理想の自分を想像できていない」

という課題があると推測しました。

そんな生徒たちに「関わる人との幅を増やして考え方を広げ、身近なことから挑戦して新たな可能性を知り、未来の自分について考えることができるようになってほしい」

そんな思いを込めて、兵庫県立須磨東高等学校にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは1週間前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。



「先輩の話」では、6人のスタッフが紙芝居形式で過去の自分の経験や、その経験から今大切にしていることを話しました。

自分のことを話している先輩の姿を見て、「こんな考え方もあるんだ!」「私も先輩みたいになりたい!」「もう少し、班の先輩に話してみようかな」そう思ってもらえたのではないかと思います。


「座談会」ではスタッフとの対話を通して自分を見つめなおし、今の自分がどんな人であるのかを振り返りました。

それぞれの質問項目に対してさらに生徒に尋ねてみることで、「自分ってこんなことに興味あったんだ」と今まで知らなかった気持ちや考え方に気づくきっかけになったのではないかと思います。


「まとめのワーク」では、座談会で振り返った“今の自分がどんな人か”を考えたうえで、これからの自分についてや、理想の自分について考えました。

これからしたいこと、理想の自分の姿。生徒それぞれが思い描く、人によって全く違う未来の自分に近づくために、明日からどんなことができるか、を考える時間になったと思います。


今回のカタリ場の授業が

須磨東高校の生徒のみなさんにとって

明日からの自分をどう生きていくかを考え、これまで気づかなかった気持ちや考え方を知ってほしいです。

そして、そんな自分にワクワクできるきっかけとなれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー ゆい

コアスタッフ あかりん りんりん