作成者別アーカイブ: kansai_katariba_admin

【実施報告】須磨友が丘高校企画

2021年12月16日(木)に須磨友が丘高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

アンケート結果から、須磨友が丘高校生は「自分の意思や考え方と向き合ったことがない」「自分の評価基準が勉強・成績が中心で、多角的に自分を評価できていない」という課題があるのではないかと感じました。

そんな生徒たちに、

「自分はどう思っているのかという感情と向き合い、自らの意思をもって行動選択するとともに、自分の評価を目に見えるものだけで判断せず、自分らしさという個性を認識してほしい。」

そんな想いを込めて、兵庫県立須磨友が丘高校にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは1週間前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。


「先輩の話」では、6人の大学生スタッフが自らの経験について紙芝居形式で話しました。

それぞれの先輩が、上手くいかなかった経験や悩んだ経験を乗り越え、

そこから学んだことや大切にしたいことを伝えることで、

生徒も自分自身と向き合うきっかけになったと思います。


「座談会」では、大学生スタッフとの対話を通して過去の経験や今の自分について振り返り、

生徒自身が今まで気づいていなかった気持ちと向き合い、

大切にしていることや価値観などに気づき、それを踏まえて

これからどんな姿になりたいかを考えるきっかけとなったのではないかと思います。


「まとめのワーク」では、これまでの対話で気づいた自分自身を踏まえて、

これからの高校生活について考えました。

なりたい自分やこれからやりたい事のために、明日から何ができるかを考えることで、

生徒が具体的に行動する一歩になっていれば嬉しく思います。


今回のカタリバの授業が、

須磨友が丘高校の生徒のみなさんにとって、

今まで気づかなかった気持ちや考えに出会い、

自分の意思を大切に行動するとともに、

少しでも自分らしさに気づけるきっかけになっていれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー あやの

コアスタッフ ゆうな いぶき


【実施報告】神戸学院大学附属高校企画

2021年12月13日(月)に神戸学院大学附属高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前のアンケート結果から、「自分の気持ちに向き合ったことがない」「限られた価値基準で自分や他者を捉えている」という生徒が多いのではないかと推測しました。

そんな生徒たちに、「自分自身と向き合い、自分が気づいていない自分の価値観や特徴を認識し、行動するきっかけを作りたい。」

そんな想いを込めて、神戸学院大学附属高校にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは1週間前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。


「先輩の話」では、5人のスタッフが自らの経験について紙芝居形式で話しました。

それぞれの先輩が、うまくいかなかった経験を乗り越え、そこから学んだことや

大切にしていることを伝えることで、生徒も自分自身と向き合うきっかけになった

と思います。


「座談会」では、大学生スタッフとの対話を通して、過去の経験や今の自分について

感情を切り口に振り返り、その共通項やその原点になっているものと向き合う中で、

気づいていなかった自分の本当の気持ちや価値観に気づくきっかけになった

のではないかと思います。


「まとめのワーク」では、憧れの人物の憧れている要素を書き出し、

なぜ自分がそこに憧れたのかを考えました。

「自分はどんな人でありたいか」「何を大切にしているのか」と心の声と向き合った経験が、

今後生徒の皆さんが行動する原動力に繋がっていけば嬉しく思います。


今回のカタリバの授業が

神戸学院大学附属高校の生徒のみなさんにとって

今まで気づかなかった気持ちや考えに出会い、

意欲的に行動するきっかけになっていれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー れいな

コアスタッフ ぬっぴ~、ぱん


【実施報告】神戸市立須磨翔風高校企画

2021年11月24日(水)に神戸市立須磨翔風高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

アンケート結果から、須磨翔風高校生には「自分の気持ちに向き合ったことがない」「周りに流されやすい」という課題があるのではないかと推測しました。

そんな生徒たちに

「自分自身と向き合い、大切にしていることや価値観など自分の個性を認識し、意欲的に行動してほしい。」

そんな想いを込めて、神戸市立須磨翔風高校にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは1週間前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスク・フェイスシールドを着用して実施しています。

 

「先輩の話」では、8人のスタッフが自らの経験について紙芝居形式で話しました。

それぞれの先輩が、うまくいかなかった経験を乗り越え、そこから学んだことや大切にしていることを伝えることで、生徒も自分自身と向き合うきっかけになったと思います。


「座談会」では大学生スタッフとの対話を通して、過去の経験や今の自分について振り返り、生徒自身が今まで気づいていなかった気持ちや考えと向き合い、大切にしていることや価値観などに気づくきっかけとなったのではないかと思います。


「まとめのワーク」では、

これまでの対話で気づいた自分自身を踏まえて、これからの高校生活について考えました。 明日からやりたいことを考えることで、生徒が具体的に行動する一歩になっていれば嬉しく思います。


今回のカタリバの授業が

須磨翔風高校の生徒のみなさんにとって

今まで気づかなかった気持ちや考えに出会い、

意欲的に行動するきっかけになっていれば嬉しいです。



プロジェクトマネージャー ちい

コアスタッフ ほのか なおえ


12/16(木) 須磨友が丘高校企画のお知らせ

2021年12月16日(木)に兵庫県立須磨友が丘高等学校にてカタリバを実施します!

 

 

【ボランティアスタッフの役割】

 

・キャスト(40~45名程度)
高校生7~8名に対し、キャスト 1 名でグループを組み、高校生自身の将来の夢ややりたいこと、興味がある分野などについて約 2 時間語り合います。
高校生にとっては今の自分を振り返る機会となり、 自分の将来と向き合う時間になります。
「将来何がやりたんだろう?」「今何をしたらいいのか分からない」そんな高校生の背中を押し、将来に対して一歩踏み出すことをサポートする役割です。

 

・先輩の話(6名程度)
ボランティアスタッフ自身の高校時代の体験や、大学等で打ち込んでいること、大切だと思う価値観などを、約 15 分の紙芝居形式で高校生に語りかけます。
等身大の体験を語ることで共感が生まれ、高校生にとって身近なサンプルとなります。
高校生の視野を広げ、自分自身について考えるきっかけを作ること。あなたの体験が高校生にとって将来に目を向ける機会になります。

 

日時:2021年12月16日(木)

 

少しでも気になる、と思った方!
まずは、説明会だけでもご参加ください〜!!

 

・説明会について
日程:月4回程度(詳しい日程は、申し込みフォームでご確認ください)
時間:約2時間
内容:「カタリ場」を体験するワークショップなどを行います。
場所:zoomで行います。カメラと音声がオンにできる環境であればどこでも大丈夫です!

 

以下、説明会の参加申し込みフォームです。
お申込みお待ちしています!

kk_setumeikai2

疑問や質問のある方は、こちらまで、連絡ください↓
katariba@brainhumanity.or.jp


12/13(月) 神戸学院大学附属高校企画のお知らせ

2021年12月13日(月)に神戸学院大学附属高等学校にてカタリバを実施します!

 

 

【ボランティアスタッフの役割】

 

・キャスト(30~35名程度)
高校生 6~7名に対し、キャスト 1 名でグループを組み、高校生自身の将来の夢ややりたいこと、興味がある分野などについて約 2 時間語り合います。
高校生にとっては今の自分を振り返る機会となり、 自分の将来と向き合う時間になります。
「将来何がやりたんだろう?」「今何をしたらいいのか分からない」そんな高校生の背中を押し、将来に対して一歩踏み出すことをサポートする役割です。

 

・先輩の話(6名程度)
ボランティアスタッフ自身の高校時代の体験や、大学等で打ち込んでいること、大切だと思う価値観などを、約 15 分の紙芝居形式で高校生に語りかけます。
等身大の体験を語ることで共感が生まれ、高校生にとって身近なサンプルとなります。
高校生の視野を広げ、自分自身について考えるきっかけを作ること。あなたの体験が高校生にとって将来に目を向ける機会になります。

 

日時:2021年12月13日(月)

 

少しでも気になる、と思った方!
まずは、説明会だけでもご参加ください〜!!

 

・説明会について
日程:月4回程度(詳しい日程は、申し込みフォームでご確認ください)
時間:約2時間
内容:「カタリ場」を体験するワークショップなどを行います。
場所:zoomで行います。カメラと音声がオンにできる環境であればどこでも大丈夫です!

 

以下、説明会の参加申し込みフォームです。
お申込みお待ちしています!

kk_setumeikai2

疑問や質問のある方は、こちらまで、連絡ください↓
katariba@brainhumanity.or.jp


11/24(水) 神戸市立須磨翔風高校企画のお知らせ

2021年11月24日(水)に神戸市立須磨翔風高校にてカタリバを実施します!

 

 

【ボランティアスタッフの役割】

 

・キャスト(40~50名程度)
高校生 7~8 名に対し、キャスト 1 名でグループを組み、高校生自身の将来の夢ややりたいこと、興味がある分野などについて約 2 時間語り合います。
高校生にとっては今の自分を振り返る機会となり、 自分の将来と向き合う時間になります。
「将来何がやりたんだろう?」「今何をしたらいいのか分からない」そんな高校生の背中を押し、将来に対して一歩踏み出すことをサポートする役割です。

 

 

・先輩の話(8名程度)
ボランティアスタッフ自身の高校時代の体験や、大学等で打ち込んでいること、大切だと思う価値観などを、約 15 分の紙芝居形式で高校生に語りかけます。
等身大の体験を語ることで共感が生まれ、高校生にとって身近なサンプルとなります。
高校生の視野を広げ、自分自身について考えるきっかけを作ること。あなたの体験が高校生にとって将来に目を向ける機会になります。

 



【学生リーダーより】

こんにちは!
こうべカタリ場神戸市立須磨翔風高校企画の学生リーダーを務めさせていただきます、ちいです!

 

副リーダーはみーたん、ほのかです!

よろしくお願いします〜!!!

 

私がリーダーをやろうと思ったきっかけは、
「面白そう!ワクワクする!」って思ったからです。

 

私はワクワクすることが大好きです。

新しい価値観と出会い、知らなかった自分やたくさんの考えを知ることで世界が広がり、ワクワクするのです。

 

そのワクワクとともに、高校生のために何ができるのかを1番に考えて、

この企画に携わる全員で作り上げていきたいと思っています。

 

私はスタッフ一人一人がパズルの1ピースだと思っています。

1つでも欠けるとパズルは完成しません。

 

そんなパズルのピースのように、スタッフ一人一人が大切な存在である企画にしたいと思います。

 

日時:2021年11月24日(水)

 

少しでも気になる、と思った方!
まずは、説明会だけでもご参加ください〜!!

 

・説明会について
日程:月4回程度(詳しい日程は、申し込みフォームでご確認ください)
時間:約2時間
内容:「カタリ場」を体験するワークショップなどを行います。
場所:zoomで行います。カメラと音声がオンにできる環境であればどこでも大丈夫です!

 

以下、説明会の参加申し込みフォームです。
お申込みお待ちしています!

kk_setumeikai2

疑問や質問のある方は、こちらまで、連絡ください↓
katariba@brainhumanity.or.jp


【実施報告】兵庫県立明石城西高校企画

2021年10月14日(木)に兵庫県立明石城西高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

多角的に自分を評価できておらず、自分の価値を見いだせていない、自分に自信がなくて自ら積極的に行動できていない生徒が多い印象でした。
そんな生徒たちに、「自分の新しい一面に気づいて欲しい、やりたいことを見つけて、行動する魅力に気付いてほしい。」


そんな思いを込めて、兵庫県立明石城西高校にカタリバの授業を届けに行きました。




▪当日の様子


本企画はオフラインで開催することができました。

しかし当日スタッフの事前の研修はzoomでの実施であったため、当日を想定した対話の練習や、本部の思いをスタッフに伝えることが難しく感じました。


「先輩の話」では、6人の大学生が自らの経験について紙芝居形式で話しました。

生徒は、先輩が変わったきっかけなどを聞くことで、新しい価値観や考え方を知り、ワクワクしたと思います。


「座談会」では、生徒自身の経験を振り返ることで、今まで気づけなかった自分の価値観や興味関心などに気づき、それを踏まえてこれからどんな姿になりたいかを考えることができました。


「まとめのワーク」の時間では、なりたい自分の理想像や自分の興味関心を踏まえてこれから何に取り組むか、明日から何ができるかを考えました。

それによって生徒は、自ら行動を起こす意欲が高まったと思います。


今回のカタリ場の授業が、
生徒自身が挑戦するきっかけになったり、
授業を思い出したときにモチベーションになる場になっていれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー がくちゃん
コアスタッフ あやねん、みなみ

【実施報告】大阪府立箕面東高校企画

2021年10月7日(木)に大阪府立箕面東高校にてカタリ場を実施しました。

▪企画のねらい

「あらゆることに対し意欲がない、周りの目を気にして本音を言えない」

そんな生徒の皆さんと大学生が一緒に過去を振り返ることで、新たな自分を知り自分の興味関心を見つけ、自分の思いや考えを誰かに話す勇気を持って欲しい。

そんな思いを込めて、大阪府立箕面東高校にカタリバの授業を届けに行きました。



▪当日の様子


感染予防対策のため、参加する大学生スタッフは1週間前から毎日の体調確認を行い、アルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。

会場についても、換気を十分に行い、間隔を保って授業に臨みました。

 

「先輩の話」では、4人の大学生が自らの経験を紙芝居形式で話しました。

それぞれの先輩が経験を通して新たに見つけた自分自身の発見や、大切にしている価値観を伝えることで、自分を振り返るきっかけになったのではないかと思います。

 

座談会では、これまでの経験を振り返ることで自己理解を深めました。

嬉しかったことや悔しかったことなど感情を伴った経験を振り返ることで、当時の自分の物事に対する向き合い方や、生徒自身の大切にしている価値観や得意不得意を理解する場としました。


そして、それらを理解したうえで興味関心を引き出し、大学生スタッフと一緒にこれからやりたいこと、挑戦したいことを見つけ出しました。


初めは「なにもない」と言い張っていた生徒も徐々に大学生スタッフに心を開き始め、自分のやりたいことについて打ちあけたり、なにに興味があるのか自分としっかり向き合ったりしている姿が印象的でした。

 

最後のまとめの時間では、これまでのワークを通して見つけた興味関心ややりたいことにむけて、明日からなにができるかを考えました。

それによって、ただやりたいことを考えて終わるのではなく、具体的に行動に移すことができるきっかけになったのではないかと思います。

 

今回のカタリバの授業が、何かに挑戦したり、誰かに自分の本音や考えを打ち明けるきっかけになっていれば嬉しいです。

プロジェクトマネージャー せらん
コアスタッフ ひらまっちゃん ぱん

2021年11月企画のお知らせ

こんにちは!関西カタリバ事務局です!

コロナウイルスの感染拡大によって、思うように活動できない期間が続いていました…!


ですが!やっと!

感染対策を講じながらではありますが、ようやくまた高校生にカタリバを届けられることとなりました!

ウィズコロナ社会において、まだまだ気を張らなければならないことは多い現状ではありますが、

「中高生の心に火を灯したい」

その想いはコロナ禍においても変わりません。

安心安全な企画を第一に、今私たちができるベストを尽くして、

大学生の皆さんと一緒にカタリバを高校生に届けていきたいと想っています。

どうぞこれからもよろしくお願いします!

今日は、2021年度11月にある企画・説明会のお知らせです!

1.2021年度冬の企画


○ 11/24(水) 神戸市立須磨翔風高校企画 

・集合予定 11:30  解散予定 16:30

>>カタリバ参加までの流れ

2.関西カタリバの説明会実施日程


○10・11月の説明会実施日程

「企画に参加してみたい!」と思った方はもちろん、

「まずはちょっと話だけでも聞いてみたい」と思った方でも大歓迎!

まずは、関西カタリバの説明会に参加してみてください!

みなさんとお会いできるのを楽しみにしてます!

kk_setumeikai2

【実施報告】スタディーサポートあかし企画

2021年8月29日(日)にスタディーサポートあかしにてカタリ場を実施しました。(オンラインでの実施)

▪企画のねらい

何かに熱中したいと思っても、思いだけにとどまり、
実際の行動に移せていない生徒が多い印象でした。
そんな生徒たちに、
「強みや大切にしている価値観などの自分の可能性を認識し、
未来に進む自分に自信を持ってほしい。」

そんな思いを込めて、
昨年スタディーサポートあかしを卒業した生徒にカタリ場の授業を届けました。

 



▪当日の様子


本企画はオンラインでの実施となりました。
参加者は慣れないオンラインでの授業でしたが、
スタッフと話していくにつれzoom環境に慣れ、スムーズに対話ができていました。

 

「先輩の話」では、3人の大学生が自らの経験について紙芝居形式で話しました。
生徒は、先輩が新しい価値観や可能性に気づくことができた経験を聞くことで、
新たな価値観を知り、積極的に取り組む大切さに気づくきっかけになったと思います。

 

「座談会」では、過去の印象に残った出来事から自分自身を振り返ることで、
今まで気づかなかった自分の強みや、大切にしている価値観を見つけました。
生徒は自分の可能性を認識し、自分に少し自信を持つことができたと思います。

 

「まとめのワーク」の時間では、理想の自分の姿を描くことを目的としました。
スタッフと一緒に考えることで、少しずつ自分の理想の姿が具体的になり、
将来に対してわくわくした気持ちを持つことができました。

 

 

今回のカタリ場の授業が、
挑戦する意欲を持ち、
積極的に物事に取り組めるようなきっかけになれば嬉しいです。

 

 


プロジェクトマネージャー なおえ
コアスタッフ つばな、りこ