【実施報告】須磨友が丘高校企画

2023年12月14日(木)兵庫県立須磨友が丘高等学校にてカタリ場を実施しました。

■企画の狙い


事前アンケートの結果から、兵庫県立須磨友が丘高校の生徒達には
「失敗することを恐れ、挑戦することを避けている」
「周りの人や環境に意思決定をゆだねている」
「卒業後の目標が明確でない」
という課題があると推測しました。

そこで、今回私たちは、「step ahead」を企画テーマに掲げ、
・自分の選択から今の自分を振り返り、これからの自分を考えてほしい
・これからの高校生活を主体的に一歩踏み出し充実させたものにしてほしい


「自分の本音に気づき、自分の願いに向かって素直に一歩踏み出してほしい」

そんな想いを込めて、兵庫県立須磨友が丘高校1年生にカタリ場の授業を届けに行きました。

■当日の様子

「先輩の話」


8人のスタッフが紙芝居形式で困難に直面した時や失敗した時にどう感じたのかや、今大切にしている思いや考えを話しました。生徒達は頷きながら真剣に話を聞いていました。大学生の先輩も自分と同じように困難や失敗を経験して、今、大切にしたい思いや考えを見つけていることを知り、自分にも同じように大切にしたいものが見つかるかもしれないという可能性を感じてくれていたら嬉しいです。

「座談会」


大学生スタッフと一緒に、今までどんな理由で、どんな気持ちで選択・行動をしてきたのかを振り返りました。生徒達は大学生スタッフとの対話を通して、自分の行動の原動力や思考の癖について考えたことで、今まで気づかなかった自分の性質に気づくことができたのではないかと思います。

「まとめのワーク」


これまでの対話を踏まえ、これから自分は何を大切にして過ごしていきたいのかを考えました。自分の心の声に耳を傾け、これからどうしたいのか本音を探りながら、高校生活での目標、明日からの目標を大学生スタッフと一緒に決めました。これから生徒達が自分自身の気持ちを大切にしていけるよう、少しでも行動に移してくれたら嬉しいです。

今回のカタリ場の授業が須磨友が丘高校の生徒の皆さんにとって、
自分の気持ちに自信を持ち、自分の目標に向かって一歩踏み出そうと思えるきっかけの場となっていれば嬉しいです。

プロジェクトマネージャー もえは

コアスタッフ せいや ゆう

関西カタリ場では、共に中高生と対話し、心に火を灯す大学生スタッフを募集中です!

興味がある方は、説明会にご参加ください!お待ちしております!

kk_setumeikai2