カテゴリー別アーカイブ: イベント情報

「2023年度の関西カタリ場」の受付開始!

「2023年度の関西カタリ場」の受付開始!


2023年度のカタリ場の申込受付を開始いたしました!

IMG_8937 島本



「カタリ場」とは、対話を通して高校生の意欲を引き出すことを目指す、キャリア学習プログラムです。
これまでに、約70校、延べ60,000人以上の高校生に、自ら考え、主体的に行動していくきっかけを提供してきました。

 

カタリ場実施・導入までの流れ「こちら」をご覧ください。

 

対話を重視したアクティブ・ラーニング形式の授業

カタリバとは、大学生スタッフとの対話を通して、生徒一人一人が主体的に今後の高校生活や将来について考えることにより、高校生一人一人の将来への可能性を引き出し、行動へと動機付けることを目的としたプログラムです。

 

>>「カタリバとは?」

 

”学校で学んだことが、こどもたちの「生きる力」となって、明日に、そしてその先の人生につながってほしい。
これからの社会が、どんなに変化して予測困難な時代になっても、自ら課題を見付け、自ら学び、自ら考え、判断して行動し、それぞれに思い描く幸せを実現してほしい。

そして、明るい未来を、共に創っていきたい。”

2021年度から始まった新しい「学習指導要領」に込められたそんな願いを、
関西カタリバは、先生方と共に実現していきたいと考えています。

 

本事業の趣旨をご理解いただき、実施をご検討していただけましたら幸いです。
2023年度もどうぞよろしくお願いいたします。

kk

【実施報告】舞子高校企画

2022年12月20日(火)に兵庫県立舞子高等学校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前アンケートの結果より、舞子高校1年生には、

「狭い視野で物事を捉えている」
「受け身になっている」 
「目標を持てていない」
という課題があると推測しました。
そこで私たちは、
「自分自身を振り返ることで、やりたいことやなりたい自分を見つけるきっかけとし、

それに向けて自ら積極的に行動して欲しい」
そんな想いをこめて、舞子高校1年生にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは4日前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。


「先輩の話」では、7人のスタッフが紙芝居方式で自分自身の経験や、

その経験から今大切にしていることについて話しました。
それぞれの先輩が過去の経験や考えを話すことで、自ら行動を起こすことの大切さに気づき、

生徒の視野を広げるきっかけになったのではないかと思います。


「座談会」では、大学生スタッフとの対話を通して
過去の自分の経験やその時感じたことなどを振り返ることで、生徒は自身の興味関心や特性について考え、

そこからやりたいことやなりたい自分を想像するきっかけになったと思います。


「まとめのワーク」では、これまでの対話を通して
自分がなりたい姿を想像し、それに向けてどのようなことができるのかをスタッフと一緒に考え、

今後の具体的な目標を約束カードに記入しました。
明日以降のなりたい自分に向けて一歩を踏み出すきっかけとなっていれば嬉しいです。


今回のカタリ場の授業が、
舞子高校1年生のみなさんにとって
自分と向き合うことで
やりたいこと、なりたい自分を見つけ、
それに向けて積極的に行動し自分の将来に期待するきっかけとなれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー なっつ

コアスタッフ びーび かのん


【実施報告】須磨友が丘高校企画

2022年12月16日(金)に兵庫県立須磨友が丘高等学校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前アンケートの結果から、須磨友が丘高校生には

「自分の興味・関心を見つけられていない」

「今の自分に満足している」

「将来の期待度が低い」

という課題があると推測しました。

そこで僕たちは

「自分の興味や関心のあることを見つけ、様々なことに積極的に取り組み、自分の可能性を広げようとしてほしい」

そんな想いをこめて、須磨友が丘高校1年生にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは4日前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。


「先輩の話」では、7人のスタッフが紙芝居方式で自分自身の経験や、その経験から今大切にしていることについて話しました。

先輩が不安とともにどのように前に進もうとしているかを伝えることで、今の自分でもできるかもしれないと思うきっかけになったのではないかと思います。


「座談会」では、大学生スタッフとの対話を通して

今までの自分を振り返ることで、自分の興味・関心のあることについて考え、

自分が本当にしたいことを想像するきっかけになったと思います。


「まとめのワーク」では、これまでの対話を通して

改めて自分のありたい姿を考え、今の自分にできることを具体的にし、行動目標を約束カードに記入しました。

明日以降の将来を前向きに考えるきっかけになれば嬉しいです。


今回のカタリ場の授業が、

須磨友が丘高校1年生のみなさんにとって

これまでの自分、これからの自分について考えることを通して

改めて本当に自分のしたいことを考え、それに向けて積極的に行動し、

将来に対して期待できていたら嬉しいです。


プロジェクトマネージャー りょうすけ

コアスタッフ つばさ ひかるん


3/15(木)川西明峰高校企画のお知らせ

2023年3月15日(木)に兵庫県立川西明峰高等学校にてカタリバを実施します!

 

【ボランティアスタッフの役割】

 

・キャスト(40~45名程度)
高校生7~8名に対し、キャスト 1 名でグループを組み、高校生自身の将来の夢ややりたいこと、興味がある分野などについて約 2 時間語り合います。
高校生にとっては今の自分を振り返る機会となり、 自分の将来と向き合う時間になります。
「将来何がやりたんだろう?」「今何をしたらいいのか分からない」そんな高校生の背中を押し、将来に対して一歩踏み出すことをサポートする役割です。

 

・先輩の話(6名程度)
ボランティアスタッフ自身の高校時代の体験や、大学等で打ち込んでいること、大切だと思う価値観などを、約 15 分の紙芝居形式で高校生に語りかけます。
等身大の体験を語ることで共感が生まれ、高校生にとって身近なサンプルとなります。
高校生の視野を広げ、自分自身について考えるきっかけを作ること。あなたの体験が高校生にとって将来に目を向ける機会になります。

 

参加したい方、興味を持った方、まずは、ぜひ説明会だけでも来てみてください!

 

・説明会について
日程:月4回程度(詳しい日程は、申し込みフォームでご確認ください)
時間:約2時間
内容:「カタリ場」を体験するワークショップなどを行います。
場所:zoomで行います。カメラと音声がオンにできる環境であればどこでも大丈夫です!

 

以下、説明会の参加申し込みフォームです。
お申込みお待ちしています!

kk_setumeikai2

疑問や質問のある方は、こちらまで、連絡ください↓
katariba@brainhumanity.or.jp


3/3(金)鳴尾高校企画のお知らせ

2023年3月3日(金)に西宮市立鳴尾高等学校にてカタリバを実施します!

 

【ボランティアスタッフの役割】

 

・キャスト(45~50名程度)
高校生7~8名に対し、キャスト 1 名でグループを組み、高校生自身の将来の夢ややりたいこと、興味がある分野などについて約 2 時間語り合います。
高校生にとっては今の自分を振り返る機会となり、 自分の将来と向き合う時間になります。
「将来何がやりたんだろう?」「今何をしたらいいのか分からない」そんな高校生の背中を押し、将来に対して一歩踏み出すことをサポートする役割です。

 

・先輩の話(8名程度)
ボランティアスタッフ自身の高校時代の体験や、大学等で打ち込んでいること、大切だと思う価値観などを、約 15 分の紙芝居形式で高校生に語りかけます。
等身大の体験を語ることで共感が生まれ、高校生にとって身近なサンプルとなります。
高校生の視野を広げ、自分自身について考えるきっかけを作ること。あなたの体験が高校生にとって将来に目を向ける機会になります。

 

参加したい方、興味を持った方、まずは、ぜひ説明会だけでも来てみてください!

 

・説明会について
日程:月4回程度(詳しい日程は、申し込みフォームでご確認ください)
時間:約2時間
内容:「カタリ場」を体験するワークショップなどを行います。
場所:zoomで行います。カメラと音声がオンにできる環境であればどこでも大丈夫です!

 

以下、説明会の参加申し込みフォームです。
お申込みお待ちしています!

kk_setumeikai2

疑問や質問のある方は、こちらまで、連絡ください↓
katariba@brainhumanity.or.jp


2/9(木)神戸甲北高校企画のお知らせ

2023年2月9日(木)に兵庫県立神戸甲北高等学校にてカタリバを実施します!

 

【ボランティアスタッフの役割】

 

・キャスト(30~35名程度)
高校生7~8名に対し、キャスト 1 名でグループを組み、高校生自身の将来の夢ややりたいこと、興味がある分野などについて約 2 時間語り合います。
高校生にとっては今の自分を振り返る機会となり、 自分の将来と向き合う時間になります。
「将来何がやりたんだろう?」「今何をしたらいいのか分からない」そんな高校生の背中を押し、将来に対して一歩踏み出すことをサポートする役割です。

 

・先輩の話(6名程度)
ボランティアスタッフ自身の高校時代の体験や、大学等で打ち込んでいること、大切だと思う価値観などを、約 15 分の紙芝居形式で高校生に語りかけます。
等身大の体験を語ることで共感が生まれ、高校生にとって身近なサンプルとなります。
高校生の視野を広げ、自分自身について考えるきっかけを作ること。あなたの体験が高校生にとって将来に目を向ける機会になります。

 

参加したい方、興味を持った方、まずは、ぜひ説明会だけでも来てみてください!

 

・説明会について
日程:月4回程度(詳しい日程は、申し込みフォームでご確認ください)
時間:約2時間
内容:「カタリ場」を体験するワークショップなどを行います。
場所:zoomで行います。カメラと音声がオンにできる環境であればどこでも大丈夫です!

 

以下、説明会の参加申し込みフォームです。
お申込みお待ちしています!

kk_setumeikai2

疑問や質問のある方は、こちらまで、連絡ください↓
katariba@brainhumanity.or.jp


12/21(水)国際高校企画のお知らせ

2022年12月21日(水)に兵庫県立国際高等学校にてカタリバを実施します!

 

【ボランティアスタッフの役割】

 

・キャスト(35~30名程度)
高校生7~8名に対し、キャスト 1 名でグループを組み、高校生自身の将来の夢ややりたいこと、興味がある分野などについて約 2 時間語り合います。
高校生にとっては今の自分を振り返る機会となり、 自分の将来と向き合う時間になります。
「将来何がやりたんだろう?」「今何をしたらいいのか分からない」そんな高校生の背中を押し、将来に対して一歩踏み出すことをサポートする役割です。

 

・先輩の話(5名程度)
ボランティアスタッフ自身の高校時代の体験や、大学等で打ち込んでいること、大切だと思う価値観などを、約 15 分の紙芝居形式で高校生に語りかけます。
等身大の体験を語ることで共感が生まれ、高校生にとって身近なサンプルとなります。
高校生の視野を広げ、自分自身について考えるきっかけを作ること。あなたの体験が高校生にとって将来に目を向ける機会になります。

 

参加したい方、興味を持った方、まずは、ぜひ説明会だけでも来てみてください!

 

・説明会について
日程:月4回程度(詳しい日程は、申し込みフォームでご確認ください)
時間:約2時間
内容:「カタリ場」を体験するワークショップなどを行います。
場所:zoomで行います。カメラと音声がオンにできる環境であればどこでも大丈夫です!

 

以下、説明会の参加申し込みフォームです。
お申込みお待ちしています!

kk_setumeikai2

疑問や質問のある方は、こちらまで、連絡ください↓
katariba@brainhumanity.or.jp


12/20(火)舞子高校企画のお知らせ

2022年12月20日(火)に兵庫県立舞子高等学校にてカタリバを実施します!

 

【ボランティアスタッフの役割】

 

・キャスト(45~50名程度)
高校生7~8名に対し、キャスト 1 名でグループを組み、高校生自身の将来の夢ややりたいこと、興味がある分野などについて約 2 時間語り合います。
高校生にとっては今の自分を振り返る機会となり、 自分の将来と向き合う時間になります。
「将来何がやりたんだろう?」「今何をしたらいいのか分からない」そんな高校生の背中を押し、将来に対して一歩踏み出すことをサポートする役割です。

 

・先輩の話(7名程度)
ボランティアスタッフ自身の高校時代の体験や、大学等で打ち込んでいること、大切だと思う価値観などを、約 15 分の紙芝居形式で高校生に語りかけます。
等身大の体験を語ることで共感が生まれ、高校生にとって身近なサンプルとなります。
高校生の視野を広げ、自分自身について考えるきっかけを作ること。あなたの体験が高校生にとって将来に目を向ける機会になります。

 

参加したい方、興味を持った方、まずは、ぜひ説明会だけでも来てみてください!

 

・説明会について
日程:月4回程度(詳しい日程は、申し込みフォームでご確認ください)
時間:約2時間
内容:「カタリ場」を体験するワークショップなどを行います。
場所:zoomで行います。カメラと音声がオンにできる環境であればどこでも大丈夫です!

 

以下、説明会の参加申し込みフォームです。
お申込みお待ちしています!

kk_setumeikai2

疑問や質問のある方は、こちらまで、連絡ください↓
katariba@brainhumanity.or.jp


12/16(金)須磨友が丘高校企画のお知らせ

2022年12月16日(金)に兵庫県立須磨友が丘高等学校にてカタリバを実施します!

 

【ボランティアスタッフの役割】

 

・キャスト(45~50名程度)
高校生7~8名に対し、キャスト 1 名でグループを組み、高校生自身の将来の夢ややりたいこと、興味がある分野などについて約 2 時間語り合います。
高校生にとっては今の自分を振り返る機会となり、 自分の将来と向き合う時間になります。
「将来何がやりたんだろう?」「今何をしたらいいのか分からない」そんな高校生の背中を押し、将来に対して一歩踏み出すことをサポートする役割です。

 

・先輩の話(7名程度)
ボランティアスタッフ自身の高校時代の体験や、大学等で打ち込んでいること、大切だと思う価値観などを、約 15 分の紙芝居形式で高校生に語りかけます。
等身大の体験を語ることで共感が生まれ、高校生にとって身近なサンプルとなります。
高校生の視野を広げ、自分自身について考えるきっかけを作ること。あなたの体験が高校生にとって将来に目を向ける機会になります。

 

参加したい方、興味を持った方、まずは、ぜひ説明会だけでも来てみてください!

 

・説明会について
日程:月4回程度(詳しい日程は、申し込みフォームでご確認ください)
時間:約2時間
内容:「カタリ場」を体験するワークショップなどを行います。
場所:zoomで行います。カメラと音声がオンにできる環境であればどこでも大丈夫です!

 

以下、説明会の参加申し込みフォームです。
お申込みお待ちしています!

kk_setumeikai2

疑問や質問のある方は、こちらまで、連絡ください↓
katariba@brainhumanity.or.jp


【実施報告】神港橘高校企画

2022年10月24日(月)に神戸市立神港橘高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前アンケートの結果より、神戸市立神港橘高等学校の生徒の皆さんには

「自分自身と向き合えていない」

「目標が持てていない」 

「積極的に行動しようとしていない」

という課題があるのではないかと推測しました。

そこで私たちは、

「自分の感情に目を向け、これからどんなことをしたいのかを考え、行動する意欲を高めてほしい」

そんな想いを込めて、神戸市立神港橘高等学校カタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは4日前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。


「先輩の話」では、8人のスタッフが紙芝居形式で自分自身の経験について話しました。

それぞれの先輩が、過去の経験や当時の感情、自分から行動を起こすことの大切さを伝えたことで、生徒は自分の感情と向き合い、行動することの重要性を認識するきっかけになったのではないかと思います。


「座談会」では、大学生スタッフとの対話を通して、これまでで感じてきた楽しかったことや悲しかったことなどを振り返りました。

生徒は自分の気持ちに目を向け、これから目指したい自分の状態を考える時間になったと思います。


「まとめのワーク」では、座談会で考えたことを踏まえて、これからしたいことを具体的に挙げ、それを実現するためステップをスタッフと一緒に考えました。

生徒が自分自身で行動するためのきっかけになっていれば嬉しく思います。


今回のカタリ場の授業が、神戸市立神港橘高等学校の生徒の皆さんにとって

自分の気持ちや感情を向き合うことで、

自分のしたいことが見つかり、

これから行動することに対して期待を持てていたら嬉しいです。


プロジェクトマネージャー ひー

コアスタッフ あーちゃん まあこ