カテゴリー別アーカイブ: 実施報告

【実施報告】神戸市立神港橘高校企画

2020年7月27・28日(月・火)に神戸市立神港橘高校にてカタリ場を実施しました。

▪企画のねらい


自分に自信が持てず、自分について考えるのが苦手な生徒に、
自分の価値観から自分の将来を考えることで自分から未来に向かって行動してほしい。
そんな思いを込めて神港橘高校にカタリ場の授業を届けにいきました。

▪当日の様子


感染症対策のため、約315名の生徒を前半クラスと後半クラスの半分に分け、2日間かけて授業を行いました。
また、大学生スタッフは2週間前から体調確認を行い、当日はフェイスシールド、マスクを着用して実施しています。会場についても、定員の50%となるよう、1クラスにつき二つの教室を使用し、十分に間隔を保って授業に臨みました。


授業が始まり、生徒は大学生と趣味や学校生活について楽しそうに話していました。
班の先輩と打ち解け、楽しい雰囲気で授業がスタートしました。


「ワークシート記入」では、ワークシートを書き進めていくことで、これまでの自分の経験や、自分が考えていることを振り返ることによって、自分が持つ価値観について見つめ直すきっかけとすることができました。


「先輩の話」では、2人の大学生が自らの経験について紙芝居形式で話したものを事前に動画に収め、教室にて上映しました。
それぞれの先輩が自分の過去の経験や今どんなふうに思っているか話すことで、高校生が自分から動くことの大切さ、目的意識を持つことの大切さに気づくきっかけになったのではないかと思います。


座談会のはじめには、少し授業に疲れている生徒も見られましたが、
最後には自分が何気なく行っている行動に対しての理由を考えたり、自分の将来像について想像することができていました。
大学生との対話を通して、自分と真剣に向き合っている姿が印象的でした。


「個人ワーク」では、将来から卒業後へと視点を移し、より具体的に自分の将来について考え、さらになりたい自分になるために明日から出来ることは何かをワークシートを書きながら考えました。


最後の「まとめの時間」では、先輩と一緒にこれからの自分や、明日からできることをもう一度考え直すことで、将来に対する視野を広げることができました。


今回のカタリ場の授業を通して、自分について考えることや、自分で自分の将来を描いていくことの大切さに気づくきっかけを提供できたと思います。
今回のカタリバの授業が神港橘高校の生徒の皆さんが自分の意思で自分の将来を切り開いていく第一歩となれば嬉しく思います。

プロジェクトマネージャー なっつん
コアスタッフ いおり、コウヘイ

【実施報告】兵庫県立川西明峰高校企画

2019年12月19日(木)に兵庫県立川西明峰高校にてカタリ場を実施しました。 

■企画のねらい


「どうせ自分なんか無理だ」と自分の可能性を捨ててしまっている高校生に

自分は変われることを知ってほしい。

なりたい自分にワクワクしてほしい。

そんな想いを込めて川西明峰高校にカタリ場の授業を届けに行きました。

■当日の様子


当日は、約280名の高校生に対して44名の大学生が集まり、カタリ場の授業を実施しました。

授業が始まって、生徒はカタリバの授業になかなか興味を示さない様子もありましたが、

大学生と身近な話題を通して、徐々に楽しんでいる様子が見受けられました。

「先輩の話」では、8人の大学生が自らの経験について紙芝居形式で話します。
それぞれの先輩が自ら行動して変われた経験を話すことで、
高校生にとって自分の可能性を認識するきっかけになったと思います。

「座談会」では、なりたい自分を大学生と一緒に考えました。
始めは、自分のことなんかどうでもいいというような様子の生徒でしたが、
大学生との対話を通して、真剣になりたい自分について考えている様子が印象的でした。

最後の「まとめのワーク」では、なりたい自分になるためには明日から何をすればいいかを考えます。
それぞれの生徒が具体的な目標を立てることで、
明日から主体的に行動するきっかけを提供できたのではないかと思います。

今回のカタリ場の授業が高校生にとって、今の自分よりもワクワクする自分への一歩へと繋がれば、嬉しく思います。

プロジェクトマネージャー ほのか

コアスタッフ りつ、あんじ

【実施報告】兵庫県立須磨友ヶ丘高校企画

 

2019年12月18日(水)に兵庫県立須磨友ヶ丘高校にてカタリ場を実施しました。 

■企画のねらい


将来どんな自分になりたいか、

どんなことをしたいか、

理想の将来像がはっきりしていない生徒に、

もっと将来にわくわくしてほしい。

そんな想いを込めて須磨友ヶ丘高校にカタリ場の授業を届けに行きました。

 

■当日の様子


当日は、約240名の高校生に対して36名の大学生が集まり、カタリ場の授業を実施しました。

授業が始まり、大学生ととても楽しそうに最近の話題や学校生活について話していました。
班の先輩と打ち解け、良い雰囲気で授業がスタートしました。

 

「先輩の話」では、8人の大学生が自らの経験について紙芝居形式で話しました。

それぞれの先輩が自分の過去の経験や今どんなふうに思っているか話すことで、高校生に今の自分について見つめなおすきっかけになったと思います。

 

座談会のはじめには、真剣に取り組むことができない班もありましたが、
最後には自分のやりたいことや、なりたい姿を
しっかり見つけることができていました。

大学生との対話を通して、真剣に考えている様子が印象的でした。

 

最後の「まとめの時間」では、これからやってみたいことと自分のなりたい姿を合わせた、理想の将来について深く考えることができました。

今回のカタリ場の授業を通して、明日から理想の将来に向かって行動するきっかけを提供できたと思います。

今回のカタリバの授業が須磨友ヶ丘高校の生徒の皆さんが明日から自分の理想に向かって進む第一歩となれば嬉しく思います。

 

プロジェクトマネージャー たいと

コアスタッフ きゅーちゃん、くぼにぃ

【実施報告】兵庫県立舞子高校企画

 

2019年12月17日(火)に兵庫県立舞子高校にてカタリ場を実施しました。 

■企画のねらい


企画テーマは ダンジョンからの脱出 !
自分たちの可能性を認識し、将来について前向きに考え、行動してほしい!
また、生徒がダンジョンから脱出し、明るい外の世界へ飛び出してほしい!
そんな願いを込めて、私たちは舞子高校に赴きました。

 

■当日の様子


当日は約280名の高校生と約40名の大学生でカタリ場の授業を実施しました。

「先輩の話」では、8人の大学生が自らの経験を紙芝居形式で話します。
それぞれの話を聞くことで、行動することの大切さや自分の可能性について考えるきっかけになったと思います。

「座談会」では、生徒自身がまず自分について知ることで、なりたい自分を想像することや興味関心を広げることができました。
今の自分と向き合うことができていない生徒が多くいたため、少し難航してるようにも感じました。
しかし、スタッフとの対話を通して自分がどういう人なのかを知り、なりたい自分になるために何をすればいいのかを知ることができたと思います。

最後の「まとめのワーク」ではこれからの自分について考え、なりたい自分になるために、明日から何をすればいいかを考えます。
生徒それぞれがなりたい自分のために段階的な目標を立てることによって行動する意欲を高めることができたと思います。

今回のカタリ場の授業が高校生にとってなりたい自分に向かって行動するための一歩に繋がれば嬉しく思います。

 

プロジェクトマネージャー ゆうや
コア わたる、かな