カテゴリー別アーカイブ: 実施報告

【実施報告】西宮北高校企画

2022年9月6日(火)に兵庫県立西宮北高等学校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前アンケートの結果より、西宮北高校の生徒の皆さんには

「自分が知っている範囲の中で物事を判断している」

「自分自身への関心が低い」

「行動する前に諦めてしまっている」

という課題を抱えているのではないかと推測しました。

僕たちは

「自分の気持ちに目を向け、固定された考え方にこだわらず、これからの一歩を踏み出してほしい」

そんな想いを込めて、兵庫県立西宮北高等学校にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは4日前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。



「先輩の話」では、6人のスタッフが紙芝居形式で自分自身の経験について話しました。

それぞれの先輩が、過去の経験や当時の感情、結果だけでなく過程も大切だと思えるようになったきっかけ、行動を起こすことの大切さを伝えることで、生徒は自分自身の経験を照らし合わせ、また自分とは異なる考え方があることを認識するきっかけとなったのではないかと思います。


「座談会」では、大学生スタッフとの対話を通して、

今までの経験とともに当時の感情について振り返ることで、物事の過程や自分の気持ちに目を向けるきっかけになったのではないかと思います。


「まとめのワーク」では、

これまでの対話を踏まえて、自分のなりたい姿を想像し、それを実現するためにどんな方法があるのかをスタッフと一緒に考えました。

これからの自分のイメージを膨らませ、自分なりの小さな目標を立てることで、これから行動していくことへの意欲が高まるきっかけになっていれば嬉しく思います。


今回のカタリ場の授業が兵庫県立西宮北高等学校の生徒のみなさんにとって

改めて自分の気持ちと向きあい、固定された考え方にこだわらず、これからの一歩を踏み出せるきっかけとなり、そして、これからの生活に繋がっていってほしいと思っています。


プロジェクトマネージャー ゆうひ

コアスタッフ つばさ みさみさ


【実施報告】スタディーサポートあかし企画

2022年8月25日(木)にスタディーサポートあかしにてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

アンケート結果から、スタディーサポートあかし生には

「自分のやりたいことを選択肢から消している」

「自分が本当にやりたいことを見つけようとしていない」

「自分が動くことで変わることがあると思っていない」

という課題があると推測しました。

そんな生徒たちに「本当にしたいことについて考え、これからを前向きに捉えてほしい」

そんな想いを込めて、スタディーサポートあかし生にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは4日前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。



「先輩の話」では、3人のスタッフが紙芝居形式で自分の力で未来を切り拓いてきた体験を話しました。

それぞれの先輩が、夢中になったことやその時の感情、行動を起こすことの大切さを伝えることで、周りに囚われず、本当にやってみたいと思うことについて探し始めるきっかけになったのではないかと思います。


「座談会」では、大学生スタッフとの対話を通して、

現在の自分の素直な気持ちに目を向け、何をやってみたいか、一歩踏み出せない要因となっている不安は何かを考えるきっかけになったのではないかと思います。


「まとめのワーク」では、

これまでの対話を踏まえて、自分の気持ちや不安とどのように付き合いながらやりたいことに近づくことができるのかをスタッフと一緒に考えました。

自分なりの小さな目標を立てることで、これからの自分を前向きに捉えるきっかけになっていれば嬉しく思います。


今回のカタリ場の授業が

スタディーサポートあかし生のみなさんにとって

今まで目を向けてこなかった気持ちに向き合い、

これからについて前向きに考え、自分の可能性を信じるきっかけになっていれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー さき

コアスタッフ あかな こめ


【実施報告】葺合高校企画

2022年7月13日(水)に葺合高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前アンケートの結果から、葺合生には

「意欲的に行動できていない」

「勉強面のみから自分を評価してしている」

「これからの自分、理想の自分を想像できていない」

という課題があると推測しました。

そんな生徒たちに「自分について改めて見つめ直すことで、広い視野で自分を捉え、未来の自分について前向きに考えることができるようになってほしい」

そんな思いを込めて、 神戸市立葺合高等学校にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは1週間前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。



「先輩の話」では、8人のスタッフが紙芝居形式で過去の自分の経験や、その経験から今大切にしていることを話しました。

自分のことを話している先輩の姿を見て、「もう少し班の先輩に自分のことを話してみようかな」と思ってもらえたのではないかと思います。


「座談会」ではスタッフとの対話を通して自分を見つめなおし、今の自分がどんな人であるのかを振り返りました。

それぞれの質問項目に対してキャストと生徒と一緒に考えてみることで、「自分ってこんなことを大切にしていたんだ」と今まで知らなかった気持ちや価値観に気づくきっかけになったのではないかと思います。


「まとめのワーク」では、座談会で振り返った“今自分が大切にしていること ”を考えたうえで、これからの自分についてや、理想の自分について考えました。

生徒1人1人が理想の自分を思い描き、これからの高校生活や将来を前向きに考える時間になったと思います。


今回のカタリ場の授業が

葺合高校の生徒のみなさんにとって

明日からの自分をどう生きていくかを考え、これまで気づかなかった気持ちや考え方を知ってほしいです。

今まで気づかなかった自分の気持ちや価値観に出会い、

これからの自分を前向きに捉え、自分の意志で行動するきっかけになっていれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー ゆう

コアスタッフ おーき さやちー


【実施報告】須磨東高校企画

2022年6月30日(木)に須磨東高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

事前アンケートの結果から、須磨東生には

「気の合う人中心にしか交流できていない」

「今に満足してこのままでいいやとなっている」

「これからの自分、理想の自分を想像できていない」

という課題があると推測しました。

そんな生徒たちに「関わる人との幅を増やして考え方を広げ、身近なことから挑戦して新たな可能性を知り、未来の自分について考えることができるようになってほしい」

そんな思いを込めて、兵庫県立須磨東高等学校にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは1週間前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。



「先輩の話」では、6人のスタッフが紙芝居形式で過去の自分の経験や、その経験から今大切にしていることを話しました。

自分のことを話している先輩の姿を見て、「こんな考え方もあるんだ!」「私も先輩みたいになりたい!」「もう少し、班の先輩に話してみようかな」そう思ってもらえたのではないかと思います。


「座談会」ではスタッフとの対話を通して自分を見つめなおし、今の自分がどんな人であるのかを振り返りました。

それぞれの質問項目に対してさらに生徒に尋ねてみることで、「自分ってこんなことに興味あったんだ」と今まで知らなかった気持ちや考え方に気づくきっかけになったのではないかと思います。


「まとめのワーク」では、座談会で振り返った“今の自分がどんな人か”を考えたうえで、これからの自分についてや、理想の自分について考えました。

これからしたいこと、理想の自分の姿。生徒それぞれが思い描く、人によって全く違う未来の自分に近づくために、明日からどんなことができるか、を考える時間になったと思います。


今回のカタリ場の授業が

須磨東高校の生徒のみなさんにとって

明日からの自分をどう生きていくかを考え、これまで気づかなかった気持ちや考え方を知ってほしいです。

そして、そんな自分にワクワクできるきっかけとなれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー ゆい

コアスタッフ あかりん りんりん


【実施報告】明石城西高校企画

2022年6月23日(木)に明石城西高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

アンケート結果から、明石城西生には「自分の気持ちと向き合ったことがない」「受け身で自発的に動けていない」という課題があると推測しました。

そんな生徒たちに「自分と向き合う重要性を認識し、これからの自分を思い描き、自分自身の意志で行動してほしい」

そんな想いを込めて、兵庫県立明石城西高校にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは1週間前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。



「先輩の話」では、8人のスタッフが紙芝居形式で自分の意思で行動した経験を話しました。

それぞれの先輩が、今大切にしていることや自己選択の重要性を伝えることで、

生徒の視野を広げ、自分の価値観を考えるきっかけになったのではないかと思います。


「座談会」では大学生スタッフとの対話を通して、過去の経験と感情を振り返り、

今まで向き合ったことなかった気持ちや価値観などに気づくきっかけになったのではないかと思います。


「まとめのワーク」では、

これまでの対話で気づいた自分の特性やありたい自分を踏まえて、やってみたいことを具体的に考えました。具体的な目標を考えることで、生徒が自分の意思で行動する一歩になっていれば嬉しく思います。


今回のカタリ場の授業が

明石城西高校の生徒のみなさんにとって

今まで気づかなかった気持ちや価値観に出会い、

これからの自分を思い描き、自分自身の意志で行動するきっかけになっていれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー もろ

コアスタッフ あこ ほのか


【実施報告】柴島高校企画

2022年4月27日(水)に柴島高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

アンケート結果から、柴島高校の生徒のみなさんに、

「今の自分について改めて見つめ直し、自分で可能性を発見して、やりたいことに一歩踏み出せる小さな目標を見つけてほしい」

という想いを持って、柴島高校にカタリバの授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは1週間前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。


「先輩の話」では、8人の先輩が経験や今大切にしていることを紙芝居形式で話しました。

過去に先輩が過去の経験からどのような事に気づいたかを伝えることで

柴島生の皆さんが“自分も先輩みたいに挑戦しようかな”と思える時間になったのではないかと思います。


「座談会」では、先輩との対話を通して、楽しかったことや悔しかったことを考えることで、

“自分が何を感じていたか”を振り返り、ました。

今まで考える機会のなかった”これからの自分がどうしていきたいのか”に気づくきっかけになったと思います。


「まとめのワーク」では、座談会で振り返ってきた内容を踏まえてこれからどんな自分でいたいのか、何を実現していきたいのかを考えました。

理想の自分に近づくために今の自分にできる小さな目標を考える時間になったと思います。


今回のカタリバの授業が

柴島高校の生徒のみなさんにとって、

新たな選択肢や自分の可能性について知ることで、視野を広げ、

理想の自分への小さな一歩を踏み出すきっかけとなれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー だにえる

コアスタッフ ぬっぴ~ りょうた


【実施報告】神戸龍谷高校企画

2022年4月11日(月)に神戸龍谷高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

アンケート結果から神戸龍谷高校の生徒は、

「自分に自信を持てていない」

「未来に対して深く考えられていない」

「積極的に行動できていない」

という生徒が多いのではないかと推測しました。


そんな生徒たちに、


「自分の考え方・感じ方を理解し、これまでとこれからの繋がりを理解した上で、

ありたい自分へと一歩踏み出す勇気を持ってほしい」

という想いを持って、神戸龍谷高校にカタリバの授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは1週間前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。


「先輩の話」では、4人の先輩が自らの経験について紙芝居形式で話しました。

それぞれの先輩が、自分に対して前向きに捉えられるようになった経験を伝えることで、

生徒が自分の行動や考え方次第で自らに対する捉え方を変えることができることに気付くきっかけになったと思います。


「座談会」では、過去の経験とそれに対する心情を先輩とともに振り返り、

そう感じた原因や根本を一緒に考えることで、自分の考え方の特徴に気付くとともに、

過去が現在そして未来へと繋がっていることを認識するきっかけになったと思います。


「まとめのワーク」では、先輩の話、座談会を踏まえて、

これから自分はどうなりたいのか・どうありたいのかについて考えました。

そして、理想の自分のために今何ができるのかを具体的に考えることで、

未来の自分について考えるきっかけになったと思います。


今回のカタリバの授業が

神戸龍谷高校の生徒のみなさんにとって、

自分の価値観を理解した上で自分の味方になることができ、

過去・現在・未来は繋がっていることを知った上で、

なりたい自分に向けて行動できる勇気となれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー りこ

コアスタッフ ひー けん


【実施報告】東灘高校企画

2022年3月17日(木)に東灘高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

アンケート結果から、東灘高校の生徒は

「自分の特性や興味関心に対する理解が不十分である可能性がある」

「主体的にやりたいことを選択できていない可能性がある」

「目的をもって日々を過ごせていない可能性がある」

という生徒が多いのではないかと推測しました。


そんな生徒たちに、


「自分の特性や興味関心を理解し、主体的に物事を判断して、目的をもってこれからの日々を過ごしてほしい」


という想いをもって、東灘高校にカタリバの授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは1週間前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。


「先輩の話」では6人の先輩が自身の経験を紙芝居形式で話しました。

過去に先輩が抱いていた悩みを本音で話し、

それを乗り越えることで得た考えや大切にしていることを伝えることで、

生徒の皆さんが自分自身について振り返るきっかけとなり、

新たな考えに気づくきっかけとなったと思います。


「座談会」では、先輩との対話を通して今までで楽しかったことや悔しかったこと、今頑張っていることなど、

過去の自分や現在の自分を感情とともに振り返り、

その理由などをより詳しく考えていくことで、

今まで気づかなかった自分の特性や興味関心に気づくきっかけになったと思います。


「まとめのワーク」では、座談会、先輩の話を踏まえてこれからどんな自分になりたいのかを考えました。

そして、理想の自分に近づくためにこれからの高校生活をどう過ごすか、

これからどんなことができるのかを考えることで明確にこれからの自分について考えるきっかけとなったと思います。


今回のカタリバの授業が

自分の考えや気持ちに気づき、

これからの自分について考えることで

新たな一歩を踏み出すきっかけとなれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー けんた

コアスタッフ ゆい みっこ


【実施報告】川西明峰高校企画

2022年3月15日(火)に川西明峰高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

アンケート結果から、

「自分の限界を決めつけている」

「自己理解ができておらず多様な価値観を持てていない」

「積極的に行動できていない」

という生徒が多いのではないかと推測しました。


そんな生徒たちに、


「自分の可能性を探求し続け、様々な価値観があることを知り、自分の未来に対して希望をもって、

挑戦することに前向きになってほしい」


そんな想いを込めて、川西名峰高校にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは1週間前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクとフェイスシールドを着用して実施しています。


「先輩の話」では、5人のスタッフが自らの経験について紙芝居形式で話しました。

それぞれの先輩が、困難を乗り越え成長したこと、大切にしていることを伝えました。

多様な価値観を受け入れるのと同時に、自分の価値観や大切にしていることの再認識に繋がったのではないかと思います。


「座談会」では、過去の経験から、今まで行動に移せなかったことと、その理由についてスタッフと一緒に振り返りました。

対話から生徒自身も気づかなかった一面や可能性に気づくことで、自己理解に前向きになるきっかけになったと考えます。


「まとめのワーク」では、なりたい自分やこれから挑戦したいことについて考えました。
理想の自分に近づくために、どういった行動が必要なのかを具体的に考えることで、将来に対し、希望を持つことができたのではないかと思います。


今回のカタリバの授業が


川西明峰高校の生徒のみなさんにとって、
自分を知ることや将来に対して前向きになり、
挑戦することで未来を切り開いていきたいと思えるきっかけになれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー なつみ
コアスタッフ あやなつ ようか


【実施報告】有馬高校企画

2022年3月4日(金)に有馬高校にてカタリ場を実施しました。


▪企画のねらい

アンケート結果から、「物事を狭い視野で判断している」「将来に対して後ろ向き」
「目的を持って行動していない」という生徒が多いのではないかと推測しました。


そんな生徒たちに、


「広い視野で物事を捉えた上で将来の自分を前向きに考え、目的を持って行動してほしい」


そんな想いを込めて、有馬高校にカタリ場の授業を届けに行きました。




▪当日の様子

感染症対策のため、スタッフは1週間前から毎日の体調確認を行い、

当日はアルコール消毒の徹底、不織布マスクを着用して実施しています。


「先輩の話」では、8人のスタッフが自らの経験について紙芝居形式で話しました。
それぞれの先輩が、うまくいかなかった経験を乗り越え、

そこから学んだことや大切にしていることを伝えることで、

生徒の皆さんが新しい価値観に気付くと同時に、
自分自身と向き合うきっかけになったと思います。


「座談会」では、先輩の話や過去の自分を踏まえて、
自分の興味があることやなりたい自分を考えました。 そして、その理由をより具体的に考えることで、
本当にやりたいことやなりたい自分をみつけるきっかけになったと思います。


「まとめのワーク」では、本当にやりたいことやなりたい自分に近づくために
今自分が何をしたいかを考えることで、行動に向かう自分に対して
ワクワクした気持ちに繋がるような時間になったと思います。


今回のカタリバの授業が

有馬高校の生徒のみなさんにとって、
将来の自分を少しでも前向きに考え、
目的を持って行動するきっかけになれば嬉しいです。


プロジェクトマネージャー あまね
コアスタッフ あおい なおき