作成者別アーカイブ: kansai_katariba_admin

10/4 大阪府立島本高校企画

2018年10月4日(木)に大阪府立島本高校にてカタリ場を実施します。

 

■ボランティアスタッフの役割

・キャスト(30~40名程度)
高校生7~8名に対し、キャスト1名でグループを組み、高校生自身の将来の夢ややりたいこと、興味がある分野などについて約2時間語り合います。

高校生にとっては今の自分を振り返る機会となり、自分の将来と向き合う時間になります。

「将来何がやりたんだろう?」「今何をしたらいいのか分からない」そんな高校生の背中を押し、将来に対して一歩踏み出すことをサポートする役割です。

 

・先輩の話(8名程度
ボランティアスタッフ自身の高校時代の体験や、大学等で打ち込んでいること、大切だと思う価値観などを、約15分の紙芝居形式で高校生に語りかけます。

等身大の体験を語ることで共感が生まれ、高校生にとって身近なサンプルとなります。

高校生の視野を広げ、自分自身について考えるきっかけを作ること。あなたの体験が高校生にとって将来に目を向ける機会になります。

 


 

■学生リーダーより

みなさん、こんにちは!

学生リーダーのひろよです!

 

皆さんは、高校生の時のことを覚えていますか?

私は、やりたい事や目標もなく漠然と毎日を過ごしていました。

大学に入ると周りには目標や夢持った人がたくさんいて、焦りを感じました。

また、「高校生の時からもっと将来について考えておけば良かった」と、後悔もしました。

 

高校生にはこのような後悔はして欲しくありません。

 

高校生にとって、将来について考えることは少し難しいことなのかもしれません。

カタリ場では、人生のちょっと先輩である私たち大学生が高校生によりそって、一緒に今の自分や将来について考えます。

この時間を通して、高校生には少しでも将来について前向きに考えて、明日からの高校生活に希望を抱いて欲しいです。

大学生にとっても、高校生との会話はとても良い刺激になります。大学生だからこそ、できる話があります。大学生だからこそ、高校生に熱いメッセージを伝えられると思います。

 

私たちと一緒に、カタリ場を創っていきませんか?少しでも興味のある方は、説明会にご参加下さい。

皆さんの参加を心からお待ちしております!

 


 

 

2018年10月4日(木)
大阪府立島本高校企画
参加したい方、興味を持った方、疑問や質問のある方は、こちらまで、連絡ください↓
katariba@brainhumanity.or.jp
詳細は追ってご連絡します。

 

日程が合わない、でも興味はある!って方、ぜひ説明会にだけでも来てみてください!!

 

以下説明会詳細です

 

・説明会について

日程:月4回程度(詳しい日程は、申し込みフォームでご確認ください)

時間:約1時間半

内容:「カタリ場」を体験するワークショップなどを行います

場所:NPO法人ブレーンヒューマニティー事務所(阪急西宮北口駅徒歩3分)

 

以下、説明会の参加申し込みフォームです。

 

説明会に参加する

 

お申込みお待ちしています!

 

何かご不明な点がございましたら、関西カタリバ事業部(katariba@brainhumanity.or.jp)まで

 

 

【実施報告】 9/14兵庫県立北須磨高校カタリ場企画


2018年9月14日(金)に兵庫県立北須磨高校にてカタリ場を実施しました。

■企画のねらい



自分から前向きに行動して、自らの可能性を拡げてほしい。

こんな願いを込めて、私たちは北須磨高校に赴きました。

 

普段の高校生活を送っていて、

「将来の自分はどうありたいのか」

「今の自分が一番したいことって何だろう」

と考える機会は決して多くはありません。

 

少しでも将来が魅力的に感じるきっかけを届けたいと思い、カタリ場を実施しました。

 

■当日の様子



当日は、6クラスに会場を分け、教室ごとに約6人の大学生が集まり、同時にカタリ場を実施しました。

各教室で待っていたのは240名の1年生の生徒たち。

「こんにちはー!」と私たちスタッフが入室した時は、初対面の大学生に驚き、緊張していた様子でしたが、大学生と班を作り、自己紹介を始めた頃には笑顔を浮かべながら打ち解けてくれました。

 

「先輩の話」では、6人の大学生が自らの経験についての紙芝居をしました。

*後悔のない過ごし方とは?

*自分を持つ方法とは?

それぞれの先輩が、あらゆる経験を通して見つけた、大切にしたいことを語りました。

 

「先輩の話」が終わると、班の先輩のところに戻って「座談会」の時間が始まります。今の自分や将来について考える時間です。

生徒たちは班の先輩と一緒に、自分と真剣に向き合ってくれました。

また、生徒たちは、親身になって話を聞く班の大学生に対し、少しずつ心を開いてくれました。

 

実は悩んでいることがある、と自分自身の悩みを打ち明けてくれた生徒も、少なからずいました。

「将来本当にしたいことってこういうことかもしれない」

「理想の自分を実現するために、今からできることをしてみたい」

「自分にはもっとできることがある」

 

一歩先を歩く大学生と話すことで、価値観に触れ、将来に対する視野が広がり、今の自分にできることを発見できた場になれたのではないかと思います。

 

この2時間が、生徒たちにとって、将来が楽しみに感じるきっかけになれたら嬉しいです。

 

カタリバを終えて、将来に向けて走り出した北須磨高校の皆さんが、これから充実した高校生活を送り、その先に待っている将来を自分から切り拓いていけますように!

 

大学生一同、願っています。

 

 

9/14 兵庫県立北須磨高校カタリ場企画

2018年9月14日(金)に兵庫県立北須磨高校にてカタリ場を実施します。

【ボランティアスタッフの役割】

・キャスト(30~40名程度)
高校生7~8名に対し、キャスト1名でグループを組み、高校生自身の将来の夢ややりたいこと、興味がある分野などについて約2時間語り合います。
高校生にとっては今の自分を振り返る機会となり、自分の将来と向き合う時間になります。
「将来何がやりたんだろう?」「今何をしたらいいのか分からない」そんな高校生の背中を押し、将来に対して一歩踏み出すことをサポートする役割です。

 

・先輩の話(8名程度)
ボランティアスタッフ自身の高校時代の体験や、大学等で打ち込んでいること、大切だと思う価値観などを、約15分の紙芝居形式で高校生に語りかけます。
等身大の体験を語ることで共感が生まれ、高校生にとって身近なサンプルとなります。
高校生の視野を広げ、自分自身について考えるきっかけを作ること。あなたの体験が高校生にとって将来に目を向ける機会になります。

 

【学生副リーダーより】
みなさんこんにちは!
学生副リーダーのがっちゃんです。

 

僕はカタリ場と出会って物事の考え方や人生が180度変わりました。
それまでの生活において将来の夢や理想像を深く考える機会は少なく、またその必要も無いと思っていました。毎日を何となく何の目的や目標もなく生きていました。
考えることのなかった夢や理想像なんてものはもちろん自分の中に存在しませんでした。
しかし、カタリ場に出会い、そこでたくさんの人と出会う中でがっちゃんという一人の人間が少しずつ変わりました。
 
どう変わったかというと

夢ができました。
理想像ができました。
 
カタリ場に出会う前には持っていなかったそれらを今持っています。
そして今、僕は考え続けることがとても大事だと思っています。
なぜ、夢を叶えたいのか?
夢を叶えたとき、自分はどんな人になっているのか?
その夢を叶えるために何が必要なのか?どういう環境に身を置くべきなのか?
 
高校生にとってそれらを考えるのは容易ではありません。
きっと以前の自分と同じで漠然と毎日を生活している人、
夢はあるけど、心の中に蓋をしてあり、友人にも打ち明けたことがない人、
様々だと思います。彼ら彼女たちと本気で向き合って、
「今日から少し頑張ってみようかな」
「自分の夢に対して少し希望が見えた」
そんな、なにかのきっかけを高校生に与えることができたらと僕は思っています。
そして、私たちスタッフも日常生活ではなかなか出会うことができない高校生や他大学の方と出会いお話しすることで、新たな刺激をもらえ、大きく成長することができるチャンスがあると思います。
 
せっかくの夏休みなので、夏休みの思い出として僕たち本部と素敵な企画を創りませんか?

あなたの参加を心からお待ちしています。
 
2018年9月14日(金)
兵庫県立北須磨高校
参加したい方、興味を持った方、疑問や質問のある方は、こちらまで、連絡ください↓
katariba@brainhumanity.or.jp
詳細は追ってご連絡します。
 
日程が合わない、でも興味はある!って方、ぜひ説明会にだけでも来てみてください!!
 
以下説明会詳細です
・説明会について
日程:月4回程度(詳しい日程は、申し込みフォームでご確認ください)
時間:約1時間半
内容:「カタリ場」を体験するワークショップなどを行います
場所:NPO法人ブレーンヒューマニティー事務所(阪急西宮北口駅徒歩3分)
以下、説明会の参加申し込みフォームです。

説明会に参加する

お申込みお待ちしています!
 
何かご不明な点がございましたら、関西カタリバ事業部(katariba@brainhumanity.or.jp)まで

6/20 神戸市立須磨翔風高校カタリ場企画

2018年6月20日(水)に神戸市立須磨翔風高校にてカタリバを実施します。

【ボランティアスタッフの役割】

・キャスト(30~40 名程度)
高校生 7~8 名に対し、キャスト 1 名でグループを組み、高校生自身の将来の夢ややりた
いこと、興味がある分野などについて約 2 時間語り合います。
高校生にとっては今の自分を振り返る機会となり、 自分の将来と向き合う時間になります。
「将来何がやりたんだろう?」「今何をしたらいいのか分からない」そんな高校生の背中を押し、将来に対して一歩踏み出すことをサポートする役割です。

 

・先輩の話(8 名程度)
ボランティアスタッフ自身の高校時代の体験や、大学等で打ち込んでいること、大切だと思う価値観などを、約 15 分の紙芝居形式で高校生に語りかけます。
等身大の体験を語ることで共感が生まれ、高校生にとって身近なサンプルとなります。
高校生の視野を広げ、自分自身について考えるきっかけを作ること。あなたの体験が高校生にとって将来に目を向ける機会になります。

 

【学生副リーダーより】
みなさんこんにちは!
学生副リーダーのうっしーです。

 

実は私、現役高校生の時にこのカタリバに参加したことがあるんです。
当時の私は大学に行くという漠然な未来しか思い描けず、そこでなにがしたいか、その後どうしたいか、わからずにいました。おそらく周りの友達も同じような考えを持っていたと思います。
自分はなにがしたいんだろう、
自分にしかできないことってなんだろう、
どうして大学に行くのか、
大学で何がしたいのか。

 

高校生は自分を振り返り、未来に向けて迷う時期です。

 

カタリバではそんな迷える高校生たちに人生の「選択肢」を加えます。
学校という狭い世界の中では見つけることが出来ない世界を私たち大学生がこそっと教えてあげるのです。

 

高校生だった私もこのカタリバで未来への選択肢が広がりました。
こんな生き方があるんだ、こういう考え方があるんだ。もやもやしていた将来が少し晴れた気がしました。

 

未来を示してあげるなんて大きなことはできないけれど、自分の人生を選択肢の一つとして教えてあげることはできます。
まだまだ私たち自身も迷い考えている時期だからこそ、高校生によりそって一緒に未来について考えることができます。

 

高校生と未来について、自分について、一緒に考えてみませんか?
すこしでも興味を持って頂いた方は説明会にお越しください。

 

みなさんと須磨翔風高校でお会いできることを楽しみにしています。

 

2018年6月20日(水)
神戸市立須磨翔風高校
11時半集合、16時解散(予定)
参加したい方、興味を持った方、疑問や質問のある方は、こちらまで、連絡ください↓
katariba@brainhumanity.or.jp
詳細は追ってご連絡します。

 

日程が合わない、でも興味はある!って方、ぜひ説明会にだけでも来てみてください!!

 

以下説明会詳細です
○説明会について
時間:約1時間半
内容:「カタリ場」を体験するワークショップなどを行います
場所:NPO法人ブレーンヒューマニティー事務所(阪急西宮北口駅徒歩3分)
以下、説明会の参加申し込みフォームです。

 

説明会に参加する

 

お申込みお待ちしています!

何かご不明な点がございましたら、関西カタリバ事業部(katariba@brainhumanity.or.jp)までお問い合わせください。

6/6 滋賀県立玉川高校カタリ場企画

2018 年 6 月 6 日(水)に滋賀県立玉川高校にてカタリバを実施します。

 

【ボランティアスタッフの役割】
 
・キャスト(40~50 名程度)
高校生 7~8 名に対し、キャスト 1 名でグループを組み、高校生自身の将来の夢ややりた
いこと、興味がある分野などについて約 2 時間語り合います。
高校生にとっては今の自分を振り返る機会となり、 自分の将来と向き合う時間になります。
「将来何がやりたんだろう?」「今何をしたらいいのか分からない」そんな高校生の背中を押
し、将来に対して一歩踏み出すことをサポートする役割です。

 

・先輩の話(8 名程度)
ボランティアスタッフ自身の高校時代の体験や、大学等で打ち込んでいること、大切だと思
う価値観などを、約 15 分の紙芝居形式で高校生に語りかけます。
等身大の体験を語ることで共感が生まれ、高校生にとって身近なサンプルとなります。
高校生の視野を広げ、自分自身について考えるきっかけを作ること。あなたの体験が高校生
にとって将来に目を向ける機会になります。

 

【学生リーダーより】
皆さんこんにちは!
学生リーダーのよっしーです!
僕がカタリ場に参加したいと思ったキッカケは、カタリ場の先輩の紙芝居を見た時でした。
こんなに熱い想いを持って高校生と向き合うことができるのは、誰よりも自分と向き合うことができているからで、その姿がとても輝いて見えました。
その時、「自分もこんな存在になりたい!」って強く思いました。
カタリ場の活動に関わり始めて半年ほど経ちましたが、その気持ちは今でも変わっていま
せん。
今回、初めて学生リーダーを務めるということで不安もありますが、全力で高校生と向き合
い、全力で自分と向き合うことで、自分に自信を持てるようになるのではないかと思い、学
生リーダーに挑戦することを決めました。
多様な価値観や考え方を持つ他大学の学生と交流することは、カタリ場に参加する全ての
大学生の人生を豊かにする糧になると思います!

僕たちと一緒にカタリ場を盛り上げていきましょう!
 
2018年6月6日(水)
滋賀県立玉川高校
11時集合、17時解散(予定)

参加したい方、興味を持った方、疑問や質問のある方は、こちらまで、連絡ください↓
katariba@brainhumanity.or.jp

詳細は追ってご連絡します。

 

日程が合わない、でも興味はある!って方、ぜひ説明会にだけでも来てみてください!!

 

以下説明会詳細です
・説明会について
日程:月4回程度(詳しい日程は、申し込みフォームでご確認ください)
時間:約1時間半
内容:「カタリ場」を体験するワークショップなどを行います
場所:NPO法人ブレーンヒューマニティー事務所(阪急西宮北口駅徒歩3分)
以下、説明会の参加申し込みフォームです。
お申し込みはこちら
お申込みお待ちしています!

 

何かご不明な点がございましたら、関西カタリバ事業部(katariba@brainhumanity.or.jpまでお問い合わせください。

関西カタリバ参加までの流れ

参加までの流れ

 

 

 

1.説明会に申し込む

はじめての方を対象とした説明会を、定期的に開催しています。興味を持った方は、
まずは説明会にご参加ください。
毎回5~20名程度の初めての方に参加いただいています。

 

 

説明会に参加する

 

 

2.説明会に参加する

説明会の所要時間は約2時間です。
活動概要の説明に加えて、授業内容を体感いただけるワークも行います。
実際に活動している大学生スタッフも参加するので、
疑問や不安を質問いただくこともできます。

 

 

3.スタッフに登録する

説明会に参加して、活動への参加を決められた方は、
スタッフ登録をしていただきます。

 

 

4.練習会に参加する

同じ授業をつくるスタッフ同士で、授業本番でのねらい、動き方などを確認し、
お互いにアドバイスをし合います。
具体的に高校生とどのようにコミュニケーションをとるのかなど、
基礎的なスキルも身につけることができます。

 

 

5.授業本番に臨む

大阪・兵庫・京都などの高校で行われます。
1回の授業につき、集合から解散までかかるのは
6~7時間程度が一般的です。

 

 

6.振り返りを行う

企画終了後、高校の控室で授業の振り返りを行います。
ねらいは適切であったか、生徒にとってどんな場に出来たのか、
もっと良い授業にするためにはどうすればよかったのか等を
振り返り、次回につなげます。

 

 

説明会に参加する

高校の教育現場に飛び込むボランティア

カタリバの授業は、大学生ボランティアスタッフが中心となって行っています。
高校生の心に”火をつける”活動に一緒に参加したいというスタッフを募集しています。

 

2017070910 2017070911
(左:体育館で行われる授業  右:高校生一人ひとりと向き合う)
 

 

2017070910 2017070911
(頼れる仲間、本気で取り組む仲間に出会える)

 

「1人の100歩より100人の1歩を!」。カタリバが目指しているのは、すべての高校生が自分の将来に向けて動き出すことです。
そのために大学生ボランティアスタッフは、“少し年上の先輩”として自分の体験を伝え、高校生に動機付けをし、彼らの心に火をつけます。
すべての高校生が将来に向かって一歩踏み出せるように、“背中を押す”役割を担います。

 

説明会に参加する

1人の100歩より100人の1歩を。

「普通の高校生」の一歩を応援します。

 

日本にいる高校生は、約320万人。そのなかで私たちがフォーカスするのは、
特別な「エリート」でもなく、「中退者」や「不登校者」でもない、8割の”普通”の高校生。

日本が上位層だけが頑張る「二極化社会」にならないために。

 

2017070910 2017070911
 

「1人の100歩より、100人の1歩を!」を合言葉に、
すべての高校生にカタリ場を届けることを目指しています。

 

東京、関西以外でも、青森県では教育委員会が、
沖縄県では学生団体が中心となってカタリ場を広めています。

 

 

 

説明会に参加する

教室に「社会の風」を運ぶ授業

教室に「社会の風」を運ぶ授業

 

 

2017070910 2017070911


高校生から、「興味のある分野」や「進路についての悩み」の話を引き出し、少し年上の先輩が、
「大学生活で熱中していること」や「高校の頃の失敗・成功体験」を語りかけます。
 
あなたの経験を、思いを高校生たちに伝えてみませんか?

 

説明会に参加する